ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

膝の痛みとO脚と、地味にキツいアーサナと。

産後の身体の変化は、仙骨のことでかいたり、抱っこで肩が痛いなど色々書いてきました。

最近の腰の違和感に関しては、暮らしの見直しでずいぶんと緩和されたのですが、地味に膝が痛い

そういえば、最近自分の脚ちゃんと見てないなぁと思って、久々に足にピチピチのレギンスを履いて練習してみる。鏡も見てみる。

産後のO脚改善

すると、ほら、やっぱり。

脚がものすごくO脚になってる…

私は元々ひどいO脚だったのですが、ヨガのおかげで少し良くなってはいたのに、出産の骨盤開くパワー、恐るべし。

またすっかり昔の脚にもどっていた。その脚で重い子供を抱っこしたりするとそりゃ、膝に負担もかかるだろうなぁと。

ハイ、またまたアーサナ含めて身体の見直し中。

立ち方、足裏の重心のかけ方、膝や骨盤の向き、などなど。

ぼんやりしてる暇ないよ!というくらい見直し中。

特に私のO脚直しに効いてくれているのが、ウトゥカタアーサナ(椅子のポーズ)、パールシュヴォッターナーサナ。

地味なポーズですが、ちゃんと、脚、膝、骨盤、肩甲骨と意識すると結構キツイ。

あーキツイキツイーと思って呼吸してる自分がいる。その中でリラックスを探す。

しばらく脚に集中的に練習してみたら、数日経って膝の痛みが気にならなくなってきた。

続けて練習していくと脚のO脚も少しはマシになっていくことだろうと思います。(期待)

痛みは嫌な感情を伴うけど、色々と教えてくれるありがたい存在でもある。

そして、たまにはのレギンス。これを履くことも私にとっては色々と教えてくれるありがたい存在である。(猫の毛めっちゃつくけど)

スタジオ以外の外では履く勇気ないけれど、履ける脚になりたい。(希望)

家ではスリアのこのレギンス一枚で練習しちゃうけど、履き心地いい分若干の透け感はあるのでスタジオ等では重ね履き推奨です。

スリア コンフォレギンス フルレングス