▼ヨガと暮らしのエッセイ

足首回しを毎日の習慣に、やり方と効果。

正直、ヨガを始めた当初、クラスの最初に毎回丁寧に足首まわしをやるのが嫌だった。今なら言えるここだけの話。笑

こんな地味な動きより、もっとヨガのポーズをたくさん覚えたい!やりたい!という気持ちも強かったのだと思います。

そんな私だったのですが、今ではすっかり、足首まわし信者。笑。

骨を折ってヨガのポーズの練習ほとんどお休みだった毎日も足首だけはせっせと回していました。

ヨガ 足首まわし

足の指と手の指で握手できますか?

自分のクラスでもだいたいやりますが、やったことがない人はまず本当に足首が硬い、回らないし、可動域がほとんどない人もいる。

手の指と足の指で握手してみて〜と言ってみてもその間に入らないことも多い。

足首まわし 握手

それくらい足の裏だったり足首がカチコチ。試しにやってみてください。

足首が硬いとどうなる?

足の裏や足首がカチコチだと何が悪いの?ってまだ若いうちなら思うかもしれませんが、年を重ねると足はどんどん弱ってきます。

足首が硬いと何にもないところでつまづいたり、階段もどんどん辛くなったり。和式トイレが苦手という人も足首がかたい証拠。

そういう私も、ヨガを始める前はまだ若いのに、何もないところでつまづいたり、階段でよく落ちたり、そういうこと多かった。

足首まわしの効果

そして、足首が回すとどんな効果があるって、まずゆっくり回していると足が温まってきます。血流が良くなります。

また、体は繋がっているので、足首を回しているだけど、よくよく観察していくとふくらはぎ膝、股関節、骨盤あたりまでも連動して動いていることにも気づきます。

つまり、そういうところをほぐしたり整えたりするのにも役立つということ。

ヨガのいろんなポーズをやるにしても足首の柔らかさが重要になるポーズもたくさん。

例えば、あぐらは足首がやわらかくないと痛いし、立ちポーズでの英雄のポーズやバランスのポーズだって、足首がしっかりしていないと安定しません。

ヨガをしない人も、いつまでも元気に歩ける足を保つためにも。

足首まわし

足首回しはとても簡単で大きな健康法

地味だとバカにしていた足首まわしに、今心からごめんなさいと言える。

ポイントはゆっくりと大きくまわすこと。できるだけ習慣として毎日やること。

手足で握手したバージョンでも、足を伸ばしたまま回すのでもどちらでも構いません。

足がむくみやすい人もおすすめ。

自分の体重を頑張って毎日支えてくれている大事なところ。いたわってあげるように丁寧に。

ヨガのポーズが家では練習できないという人にはこれだけでもいい。

そう、今では立派な足首回しのまわし者です。今日もせっせとまわしてます。深呼吸も一緒にすれば、立派にヨガの練習です。

地味なことをバカにしたり、侮ってはいけません。

華麗なポーズをとるだけがヨガのポーズじゃないんです。

こちらもどうぞ:)