ヨガと暮らしのエッセイブログ

妊娠線予防クリームの代わりに使ったものとお腹とのコミュニケーション。

妊娠すると、知らなかった言葉にたくさん出会ったのですが、「妊娠線」というのも一つ。

お腹が膨らんで来た頃、困ったことがありました。お腹の皮膚が伸びて、乾燥して痒い、ということ。本当に乾いた砂漠みたいな肌になってきた。笑。

これを放っておくと妊娠線になったりする、とも。

妊娠線を予防する為に、いつから使うものなのかは人それぞれだと思いますが、私はその頃から乾燥予防にと妊娠線予防オイルを使い始めました。

使ってみた妊娠線予防オイル&クリーム

WELEDA(ヴェレダ) のマザーズ ボディオイル

最初に使ったのはWELEDA(ヴェレダ) のマザーズ ボディオイル。オーガニックで有名なものですね。使っているママさんも多いのでは。

プレゼントしてもらったので最初こちらを使い始めたのですが、すでに痒みが出てしまった肌には会わなかった…。むしろオイルを塗るとちょっと痒みが増す感もあり使用を断念。

いい香りでとても癒されるのですが、残念…

結局、病院に相談して妊婦でも使えるかゆみ止めを出してもらいました。

痒みと炎症を抑えてから使ったもの。

一旦それで痒みと炎症を抑えてから、保湿をすることに。お腹が痒くてストレスになっては元も子もない、と保湿に頼ることにしました。

セサミオイルなども知り合いからサンプルを頂いたので、試しに使ってみたのですが、最初は調子良かったものの結局私の肌がオイル系ダメなのか合わなくなってしまいました。

結局、病院からもらった保湿剤のサンプルを使ってみて、先生も自分の肌に合えば何でも良いよとのことだったので、ドラッグストアで見かけた保湿剤を使ってみることに。

その保湿材に入っていたのがセラミドだったので、同じセラミド配合でなるべく敏感肌でも使えて、お腹や腰と塗る範囲が広いのでたっぷり使えるコスパの良いものを選んでみました。

ケアセラベビーを妊娠線予防クリーム代わりに

妊娠線予防クリーム ケアセラ サンホワイト

それで選んだのがこちら。

赤ちゃんでも使えて、セラミド・ワセリンも配合されています。使ってみて、刺激も少なく今のところお風呂上がりなどにこちらをお腹〜腰周りと塗っていますが、普通にトラブルもなく保湿もしてくれているので、調子良いです。

サンホワイトシルキーも使える。

乾燥がひどい時はその上から、サンホワイトシルキーでラップをするような感じで重ねて保湿をしておきました。

状態が良ければ、サンホワイトシルキーだけで妊娠線予防クリームとして十分賄えそうです。

▼ 【サンホワイトシルキー】べたつかないサラッと伸びる優秀ワセリン

妊娠線は予防できた?

今のところ、保湿のおかげか、妊娠線はできていません。乾燥肌や敏感肌の方はできやすかったりもするそうなので、早めに適度に保湿をするのが良さそうです。

肌以外にもいろんな変化がありますが、それもこれも「ホルモンのせい」。妊娠のホルモンってすごいですね…。

クリームを塗りながらのコミュニケーション。

お腹にクリームを塗るので、一応その下にいる赤ちゃんにもマッサージをするような気持ちでお腹を撫でてます。

お風呂上がりは、リラックスしていてお腹の中もよく動いているので、ちょうどそれが、赤ちゃんとのコミュニケーションタイムにもなっていて案外楽しい。

以上、私のマイナートラブルと妊娠線予防クリームについてでした。

マタニティ関連記事