ヨガとシンプルライフ:書籍版

妊娠中のお腹の張りと柔らかさ。

お腹が少しポッコリと膨らんできました。それに伴って、「胎動」や「お腹の張り」というものも感じるようになってきました。

ある時から、寝る前にお腹が張りすぎて仰向けで寝ても横向きで寝ても寝にくい。あまりに寝にくいので、産後は授乳枕にもなるという抱き枕を買ってみてなんとか寝る、という感じに。

またある日は長く歩いたり、焦ったり、疲れたりするとお腹がつーんと張る。

お腹が張ったら休むけど、妊婦のお腹はこのくらい硬くなってしまうものなのか、しんどいけど我慢しなあかん、と思うようになっていた日々。

このお方のお腹はいつでもプニプニ。

妊婦だってお腹は柔らかいもの。

ところが。

妊娠前から習い続けているあるボディワーク。妊娠後はしばらくこちらもお休みしていたのですが、久しぶりにまた受けに行ってきました。

簡単に言えばマッサージのようなセラピーなのですが、マタニティヨガも教えられている信頼のおける先生からそのワークを受けた後、私のお腹はびっくりするくらい柔らかく。

妊娠してからこんなにお腹柔らかくなったことあったっけ?と驚きました。

妊婦のお腹もプニプニと柔らかくなる。

その日からまたよく眠れるようになり、抱き枕要らなくなりました。(産後に授乳枕として使えることを願いつつクローゼットに放置…)

疲れてお腹張ったな、と、感じても自分での緩め方もわかった。夫にも教えてほぐしてもらったり。

そしてもうひとつびっくりしたのは。

妊婦はしない方がいい、と言われるヨガのアーサナ。これも絶対してはいけないというわけではなく、経験と知識のある先生の指導の元で行うと、逆に良い効果をもたらすこともあると知りました。

私にとってはお腹の張りが緩んで楽になります。どれだけ力を抜いてリラックスするか、が大切にもなってきますが。

良い先生に出会えたこと、色んな体験がまた勉強になる。

このブログの読者の方にも妊娠中の方がたくさんいるとメッセージやコメントで知りました。

私は私なりの方法でお腹の緩め方見つけましたが、とにかくお腹が張ったら、深呼吸して脱力、リラックスして休むことが一番大切です。

無理は禁物。

こちらもどうぞ:)