▼ヨガと暮らしのエッセイ

ご近所さんとヨガの集い、ヨガのあるマンション。

今年最後のクラスが昨日終わりました。
生徒さんが用意してくれた、マールブランシュのクリスマスケーキでヨガ後の団欒タイムに。

マールブランシュ クリスマスケーキ 

このクラスは、週に1度ご近所さんが10人ほど集まって、マンションの集会場でヨガをするというクラス。私(インストラクター)がそこまで出張する、というスタイルのクラスです。

東京に引っ越した数年は新しい先生に引き継いで頂きましたが、帰ってきてからもまたご縁があって、かれこれ7年くらいは続いています。

ご近所さんが集まってヨガ、というのはスタジオやジムとの雰囲気とはまた違った良さがあります。

みなさんいつもの顔ぶれなので、まず緊張感がない。スタジオやジムまで行く手間がないので、気楽な動きやすい格好でヨガマットだけを持ってくるだけでいい。帰りもそのままエレベーターを上がるだけなので、楽ちん。

ご近所さん同士なので、みなさんとても仲がいいですし、始まる前や終わった後もずっとおしゃべりも続いている。

昨日終わった後に、クラスの感想をいただきました。

「ここにきて、みんなに会って元気なの確認して、話すだけでも楽しい」

これが一番の効果じゃないかな、と思う。そして、このマンションの住人のうち数十人の方がヨガをしていて呼吸や心身を整える大切さを知っている、というのも大きい。ヨガのあるマンションって素敵。私も住みたい。笑。

なかなかご近所さん付き合いも薄くなっていくこの頃。このクラスがそういう繋がりを作れていたというのはとても嬉しい。今年でまた一旦新しい先生にバトンタッチしましたが、いいクラスを担当させてもらっていたな、とありがたく思います。

こういうサークルのような、ヨガの輪が広がっていけば…と、産後にはなりますが、またこんなクラスをしていけたら…と思います。

こちらもどうぞ:)