▼ヨガと暮らしのエッセイ

思いを言葉にするヨガの練習。

ヨガのクラスの最後に時間が取れる場合はできるだけ、「今日感じた事」を一言でいいので話してもらう機会を作るようにしています。

その時に後から「実は人前で話す事が苦手なので緊張してしまった」というお声を頂いた。せっかくヨガで緩めたのに、また緊張させてしまった…申し訳ありませんでした。

でも、そのヨガで感じた事を口に出して表現するというところまでも、私はヨガのクラスの一つだと思っていて、できれば大切にしたい時間。(人数が多いクラスではできないので、必然的に少人数のクラス前提での話になるのですが)

頭の中にある思いを、言葉にしてみること。そうすることで改めて自分が思っていること、感じていることを再確認できる。

ただ「気持ちよかった」という一言でも、何がどうして気持ちよかったのか、ここを緩めたから気持ちよかったんだな、そうか、最近ここを酷使して疲れていたな、と深めることもできる。

案外自分で気づいていなかったシンプルなことに言葉にすることで気づくことができる。

中にあるものを書いたり、口にしたり、一旦出してみるって大切。うやむやにして溜め込まないためにも。

こちらもどうぞ:)