toggle
2016-12-14

【編み物瞑想】猫の座布団を手作りしてみた。

冬の定番。

編み物瞑想。作るものは、アクリルたわしばかり。

無になりたいから何も考えずに編めるのが、多分アクリルたわしくらいしかないのだと思う。帽子とか編んでみたことあるけど、ぼーっとしてたら目を間違ったりするから私にはむいてない…。

▶︎ 冬の始まりに、無になって生み出すアクリルたわし。

アクリルたわしばかりではなんなので、同じ編み方で、少しモコモコとした毛糸を使って、実家猫の座布団を作ってみました。

猫 座布団
毛糸は、なんというかマシュマロみたいなふわふわのやつ。ジェラートピケみたいな色が可愛くて。100円ショップで買いました。どれくらい使うかわからなかったので3玉買ってみました。324円です。
アクリルたわしと同じ編み方でひらすら、チクチク…ではないな。あみあみ…?大きくしていくだけです。しかも毛糸が太いからさらに簡単。(失敗してもごまかせる)
編んでいる途中、小さい頃はこれにじゃれついてきたのですが、今はもうあんまりそんなこともなく。大人になりましたね。
100円ショップ 毛糸 もこもこ
2玉でちょうど座布団サイズ(キャットタワーの椅子に収まるサイズ)できました。時間も2時間程度。
まずは、出来上がりをチェックしてもらいます。

猫 編み物
隅々までチェックして、ふみふみしたかと思えば、なぜかその後猛烈に猫キック。ひとまず、柔らかくこなされたようです。
そして置き場所。1つ目はここです。キャットタワーの一番上。いつも寝ている場所に。
キャットタワー 座布団
どや。
その後、ちゃんと乗って寝てくれてました。
そして、もう一つ、というか3玉買っていたので残りの一玉も同じように編んだのですが、ちょっと小さかったですね。継ぎ足そうと残り1玉追加で買いに行ったのですが、すでに売り切れ…。
冬の100均の毛糸は人気ですね。申し訳ないですが、これで我慢してもらうことに。

猫 座布団
どや。
お尻にはぴったりサイズ。笑。ちゃんと円の中に納まろうととしてくれるのが猫っぽくて嬉しい。(うちの実家猫は袋や箱に入ったり、猫鍋だったりという猫っぽいことをあんまりしてくれない)
猫用 座布団
アップにしてみると、こんな感じ。もふもふオンもふもふ。ああ、ここがたまらない。
猫 座布団
寝るとはみ出しますね。あんまり気にしていないようですが、お尻はしっかり乗せてくれている。気に入ってくれた…ことにしておきます。
ふみふみしたり、毛むくじゃらになるので、ワンシーズンでボロボロになると思いますが…。もうちょっとちゃんとしたの作ってあげたいですね。笑。
「猫」にまつわる記事

Sponsored Link
\応援クリックありがとうございます/
/
シンプルライフブログ
Twitter |InstagramFacebookfeedly
関連記事
Sponsored Link