ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

赤ちゃんがダウンドッグ始めたと思ったら急に立った、という話。

子がある日突然、ダウンドッグのようなことを始めました。

私のヨガの真似かな〜と思ってみてたら、そこから片足を上げるポーズをやってみるなかなかのチャレンジぶり。

そしてその数週間後、また同じようにダウンドッグをする子。何かを決めたように、そこから手を少し足の方へ近づいていき、しっかりと膝を曲げて、むくむくむくっと手を離して起き上がりました。

赤ちゃん 立つ

はじめて立った!

(たまたまその様子をビデオで撮っていたので、本当にはじめて立つ様子を収められた)

子は寝返りもハイハイしだすもの早かったのですが、立つのはなかなかだなーと思っていたら、子なりにハイハイたくさんしたりダウンドッグしてみたりで体幹を鍛えていた様子 笑。

なかなか安定しない時は、一旦ダウンドッグに戻り、また片足を上げたりしてから挑戦するのですが、これ、私がヨガで倒立する時になかなか安定しないときにもう一度身体の中心を探すためにやることと一緒だったりする。

そしてまたうまく立てたらものすごく満足そうな笑顔。

これ、ヨガのアーサナの楽しみと同じだなぁ〜と。

出来ないポーズを毎日頑張って練習して、出来たときの喜び。

あぁ、この感覚忘れてたなぁ〜と。

また私も出来ないポーズ練習しよう。抱っこで腕が限界、肩が痛いとか言い訳してるんですが。

今こそおうちヨガ。子も一緒に、やるだけやってみよう。

こちらもどうぞ:)