ヨガとシンプルライフ:書籍版

寝かしつけに、おくるみの効果と威力

先日、私よりちょっと前に出産した友人とラインで「赤ちゃん寝ない件」について話しているときにでてきたひとこと。

「そして謎に部屋に布が増えるよね…」

もうほんとに。

クッション、おくるみ、タオル、ガーゼ…

布、布、布…。

自分で用意したものや、人から頂いたものなど。たくさん集まる布たち。

我が家にもすでにおくるみは自分で用意したものに加えてお祝いで頂いたものなどすでに4枚もある状態。

おくるみ 寝かしつけ

寝かしつけにガーゼのおくるみが効果的

ですが、このガーゼのおくるみ。うちの子にはばっちり相性が良かったみたいで、寝かしつけの時に重宝しています。

月齢の低い赤ちゃんは、お腹の中にいた時の状況を再現してあげると落ち着いて、よく眠るらしい。

なので、おくるみでキュッとくるんであげると落ち着くのだそう。

最初なんだか窮屈そうだと思ったけど、これがたしかに落ち着くみたいで巻いてあげると、ごきげんになって大人しくなります。

助産院で教えてもらった巻き方は「おひなまき」というやり方なのですが、手足をバタバタさせてる時に私はうまく巻くことが出来ず、結局は基本巻きというのかな?簡単に赤ちゃんをキュキュっと包んでいるだけですが…

上の写真では巻いたものがちょっと緩んだ状態。

ちなみに、寝かしつけに有効と言われるトッポンチーノ

私はいまいちこれ持ったまま抱っこがしにくくて、今はバウンサーの布団になっていますが、ちょうどいいサイズで重宝しています。

寝るときは必ずガーゼのおくるみでくるむ、ということを今のところ習慣にしているので、ひとつの入眠儀式になっているようです。

とはいえ、寝ないときはなかなか寝ないんですけど。笑

うちで使っているガーゼのおくるみ

うちで用意していたおくるみは、ナオミイトウの水玉柄おくるみ。サイズ的にも使いやすかった。

定番、エイデンアンドアネイのおくるみはボーダー柄。こちらは薄手で大判。こちらもやわらかく使いやすいです。

こちらもどうぞ。