ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

シンプルに動くこと、心地いいことを味わうヨガ。

ヨガを長く続けていると、体のことに関するいろんな知識もついてくる。

それはもちろん良いことなのだけど、それにとらわれてしまうと、ヨガのアーサナをしている時も「ここをこうしたらこうなるかな」とか、「腰痛にはこのポーズがいい」など、「頭」で考えながら「効果」を求めて動いている時もある。

産後の体は腰痛だったり肩こりだったり、いろんな症状があったので、それにあったヨガのポーズを行って体を整えていた。

もちろんそれはそれで、身体もほぐれて気持ちがいい。元気になるし、整えられる。

ヨガの本質って。

だけど、久しぶりに、単純に何も考えずにマットの上に立って太陽礼拝をやってみた。

そのままできるところまでのアシュタンガヨガの流れも。ほとんどスタンディングの前半までしかできなかったけど。

単純に動く、気持ちいいな、と感じながら動く。

アシュタンガヨガのいいところ、好きなところはこれ。

アーサナの流れが決まっている分、呼吸に集中すると、思考が入り込む隙間を極力抑えてくれる。

もちろん思考はいつでもまた働くけど、そう気づいたらまた呼吸と決まった流れに戻るだけ。

単純に「今、心地いい」この大事な感覚。

その瞬間、私は「お母さん」でなくなっていたし、ヨガが終わったあと、「腰痛に効くヨガ」「肩こりに効くヨガ」よりも随分と体も心も「整った」感じがした。

このところ、随分と頭で考えて難しくヨガをしていたんだなーと気づいた。

もともと、ヨガはとってもシンプルなもの。

こちらもどうぞ:)