ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

心の換気には瞑想(祈り)が良い。

先日、部屋の換気は窓を開け、体の換気は深呼吸ということを書きましたが、もうひとつ忘れてました。

心の換気。

心にもやっぱり淀みがたまる。心の換気には瞑想が良い。

自分のあるがままの淀みを客観的に眺めて流していく。

ドロドロドロと流れていく。

(お花見は今年は散歩途中の桜を愛でるくらいですね)

そして、淀みがなくなったところに「祈り」という瞑想が入ってくる。

人の幸せとか、世界の平和を祈ることは偽善だと思っていたけれど、決してそうではなくて。

ごくごく自然な心の調整だと思う。少しずつ瞑想が習慣になってきて、そう思えるようになった。

ヨガはまず自身の心と体の平和を祈る。

(これが前提にあってのヨガのアーサナです)

その祈りができるようになれば、少しずつそれを外側へと広げていく。

子育て中、以前よりももたくさん心に淀みがたまっています。

まだまだ色々思い通りにならないことにもどかしく、イライラしてしまうからだと思う。(これは自分自身に)

でも、それがたまるからまた瞑想の大事さに気づくことができる。

ヨガを深めさせてもらってるんだなぁと思います。

夜眠る前にそんな瞑想(祈り)の時間をとることを習慣にしつつあります。夜中に起こされることもまだあるけれど、それでもその時間をとった方が、眠り自体が深く、穏やかでいられる気がする。

そして今は、ウイルスで不安定な情勢「世界の平和を祈る」なんて大きな事ではないけれど、思いやりのある行動をとれますように、と祈る。