ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

【今日のヨガ】バランスポーズ、足の裏を意識してみる、今を味わう。

最後に足の裏を意識したのっていつだったか覚えていますか?

多分、靴の中に小石か何かが入って「痛いなあ」と思ったりしたとき。

今日はたくさん歩いたから足の裏が疲れたなあ。

そんな感じでしょうか。

今、足の裏のことを言われてはじめて、あぁそういえばなんて気づいた方もいるかもしれません。

足の裏。

意識なんてしなくても、立ってるし歩いてるし。

もちろんそう。

そうなんです。

でも実は、自分の体の全体重を支えてくれているすごいやつ。

ここが機能してくれなければ、立つことも歩くこともできません。

今日、バランスのポーズ(片足立ち)の練習をしながら、そんなことを思っていました。

全ての集中をその瞬間、足の裏に注ぐ。
あぁ、かかとの方に重心が行った、あ、小指浮いてる、あ、左の方がぐらつくな。案外普段、足の指って使ってなかったな、とか。

足の裏を意識しながら、いかに上半身の力は抜いてリラックスするか。

そんな感じで、足の裏を味わい、今を味わう。

普段忘れてしまっている体の一部を思い出して、ちょっと意識してみる、観察してみる。

ヨガをしていると、こういうことがただ楽しかったりするんです。

というわけで、今日はバランスをとる練習がただ面白く。

バランスポーズというと片足で立つことを想像しますが、「両足を揃えて立ち目を瞑る」ということもバランスを取る良い練習になります。(その場合は周りに危険がないようにして)

そのまま足の裏を観察してみたり、膝や肩に力が入っていないかを観察したり。案外、呼吸が止まってしまうのでこれも注意。

それができたら、ちょっと難易度の高いポーズにも挑戦してみたり。
それができる、できないは問わず、その瞬間を味わう。

できない自分を面白がってみたり。

面白いですね。笑

面白いだけではなく、集中力がついたり、足の指や足の裏が強化されたり、体幹が強くなったり、疲れにくくなったり…

バランスポーズの練習をすると、こんな嬉しい効果もあとからついてきますよ。足裏にはツボもたくさんあるので、意識して歩く、立つだけでも刺激になります。

上の写真は、芝生を気持ちよく裸足で走る子ですが、普段靴を履いているところを裸足になってみる、というのもものすごく足裏を感じられる練習ですね。

今日のヨガの練習はこんな感じ。

おしまい。