ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

誰かに嫌なことを言われた時に。

誰かに嫌なことを言われたり、心ないことを言われたりした時、

とっさに反応してしまう。

「は?なんでそんなこと言うん?」と始まり、自分の正当性を主張したくなり、あっという間に口論の出来上がり。

そんな時、少しだけ、自分の思考と感情にスペースを置くことができたなら。

湧き上がる感情、思考をただ眺める。

今、何が起こっている?

誰かに嫌なことを言われた時、自分にどんな思考や感情が沸き起こるのか。

「あー言い返したくなってる、あームカついてるなー、あれ?本当は悲しいのか?」

と。いろいろ見えてくる。

その感情や思考を無視するのではなく、一旦受け止めてお世話する。

その場ですぐに言い返さない、ということは、負けではないし、諦めでもない。

そう言ったその人の背景とか、状況もある。

とっさに反応してしまえば、それは見えてこない。

問題は相手にあるのでもない。

そして、心地よく生きるために、人はなんでも自分の思い通りにしたいと思っている。

思い通りにならないと腹が立つ。

「嫌なことを言われる」ということは心地よくなく、つまり、自分の思い通りではないわけです。

そこをコントロールしようと思うことを、少し客観的になってみる。

どんな変化があるのかな?

今日のヨガの練習はこんな感じ。

アーサナではないヨガ。

おしまい。 

ちょっとした続き

小さい子のお世話をするように感情のお世話をする。