ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

瞑想と祈りと宮沢賢治。

私の中には、東北、岩手花巻の血も少しは流れているわけで、そのことを忘れないでくれ、と祖父に言われたことがあります。

花巻は宮沢賢治の故郷。そんな事もあって、幼い頃から宮沢賢治記念館には何回も行ったし、「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」「よだかの星」など好きで童話もよく親しみました。

そういえば、雨ニモマケズの詩を書いたのれんが、祖父の家に飾ってあったなということを不意に思い出して、詩集を引っ張り出しました。

宮沢賢治 祈り

久々に本を開いていて、「雨ニモマケズ」をよんで。(宮沢賢治詩集より)

この詩は祈りと瞑想のうただなぁと。

この部分。

ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

これはまさに祈りの行為の時の状態。

静かに手を合わせている時、誰かに褒められる事もありません。かといって、誰かの迷惑になっているわけでもありません。

ただ、そういう行為を淡々と続ける。

続けていくうちに、自分の中の祈りが深まってくる。

ほめられもせずくにもされず
そういうものにわたしもなりたい。

慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル

この状態もとても瞑想が深まったyogiですね。

宮沢賢治もベジタリアンで、熱心な信仰者でもあり、ある意味とてもyogiのような人。

そういえば大学の同じゼミの子で「宮沢賢治と祈り」だったかと思うのですが、そのようなことをテーマにしてる子がいて、今となってはその子の論文読んでみたいです。

そして、最近の私といえば…

最近暑さと湿気にも負け気味なので、そこも乗り越える丈夫な体も持ち合わせていきたいものです。