ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

室内でも熱中症対策、こまめに水をちびちびと。

連日の35度、36度という暑さ。

外に出かけるときは必ずマイボトルに水を入れて持ち歩いていたので、こまめにちょこちょこと水を飲んではいたけれど、

エアコンの効いた室内にいるとついうっかり忘れがちな水分補給。

いろんなスポーツで今「飲水タイム」というのがとられているけれど、スポーツしてなくても、室内にいてもそれを心掛けるのが大切。

熱中症対策

デスクワークでも飲水タイムを

デスクワークなどの最中は忘れないように、と水の入ったコップを常温で置いておき、30分〜1時間おきくらいに、ひとくちふたくち飲んでます。

なくなったらまた新しい水を注いでおく。

やはりポイントはコップ一杯一気に飲むのではなくて、ちびちびと飲むこと。

一気に飲むと、身体に吸収されずに尿として排出されてしまう。

きちんと身体に吸収させるためにも、ちょこちょこ飲みで。

これは、私がヨガを始めた当初、当時の先生にものすごく言われたこと。

水を飲んで、身体をちゃんと潤しておく。

熱中症だけでなく、ちょっとしたイライラだったり、頭痛だったり、そういういろんな不調も水不足が関わってることもある。

水を飲むこと、シンプルに身体をケアする一つの方法です。

こちらもどうぞ:)