ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

花粉症で目や頭が重い、ぼーっとした時に効果があった2つのケア。

妊婦の今年は色んなことが思うようにいかない、思わぬ症状に悩まされることも多い。

▼ 思い通りにならなくなる練習。

花粉症も今年はちょっとしんどいみたい。こういうことは気をつけてはいるけれど。

▼ 【花粉症・アレルギー鼻炎対策】鼻水はかんではいけない。

薬を飲むまでではないけれど、鼻が辛くて、頭や目が重くてぼーっとする、という時が結構ありました…。

そんな時に私が試して、症状が楽になったいくつかの方法です。

花粉症だけでなく、疲れ目や肩こり首こりが辛い時にもやってみていることです。

花粉症 頭痛

まずは、目を温める。

花粉症で鼻が辛い、ぼーっとする時って、なんだか顔のパーツ自体が全部中央に寄ってきているような(地獄のミサワが描く人物みたいな)、そんな詰まった感じがあります。

それをまず、目を温めることで解放してあげます。

目を温めるには、ホットアイピロー(アイマスク)

▼ 【目の疲れに効果的】あずきのホットアイピロー

うちには上の写真の、手ぬぐいと小豆で作ったものがあるのですが、タオルを絞ってレンジでチンしたものでもいいですね。

程よい暖かさがじんわりと目の周りの神経を緩めてくれ、顔のパーツの詰まった感も開放してくれます。笑。

最近ではドラッグストアでこんな手軽なものも手に入ります。(入院バッグの中にも入れた)

妊婦は目の疲れダメよーと言われるものの、ブログを書きたい欲も高まっていて、小豆のアイピローには毎日お世話になってます。

頭(頭蓋骨)を緩める。

花粉症でしんどい時、顔のパーツも中央によっている感があるのですが、頭の頭蓋骨もギュギュッと詰まっているような感じがします。

それを今度は開放します。

ひとつはこちらの方法。テニスボールを使って、首や後頭部のツボを刺激します。

▼ 【肩・首のコリ解消に】テニスボールと小豆アイピローで簡単マッサージ。

そしてもう一つは、耳をほんの少しだけ引っ張る、という方法。自分の耳と頭の間に少しだけ隙間を開けるような感じで耳を引っ張ります。

私の場合、これが結構効いて、鼻通りもよくなる。

こちらの動画がとてもわかりやすいです。

▼ 1分でレクチャー!あらゆる疲れがとれる耳ひっぱり術

あくまで私個人の場合ですが、目も頭も緩めてあげることが一つの効果的な方法でした。

そしてテニスボールもアイピローも出産準備に使えるだろうと、入院バッグの中にも入っています。笑。

こちらもどうぞ:)