ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

眉間を開いてリラックス、第六感も開くかも?

先日、仙骨にリボンという記事を書きました。

今度は逆にリボンを解いていきたい場所のお話。

心身にも部屋にもスペースが欲しい、とも書きましたが、身体の中でのスペースが欲しい場所ですね。

それは眉間の間。

私も連日の睡眠不足で、ついつい眉間の間がギュッと詰まっていました。シワという太い刻印まで…。

眉間の間が詰まると、シワができてこれは美容にも困るだけでなく、気持ち的にも良くない。

だいたい物事を難しく考えている時や不機嫌な時のサインのようなものです。

眉間を詰まらせている時の顔を自分で鏡を見るとそれはそれは恐ろしい。

しかもだいたいそれは無意識にそうなってしまっていることも多々。

ヨガのレッスン中も眉間にシワを入れながら呼吸をしたり、ポーズをしたりする方結構いらっしゃいます。

「眉間を優しく緩めてくださいね」と言っても本人眉間を寄せていることにすら気付いていません。言われてはじめて気づくことが多い。

そして、眉間だけでなく、身体も緊張しています。

身体を緩め、気持ちをリラックスさせるためにも意識して眉間の間のスペースを開いてみる。

リボンをほどくように。

それだけで、ちょっと気持ちが緩みます。

眉間の間には、第六感を司るチャクラがあるとも言われています。第3の目とか言われるところですね。ここを緩ませておくと、リラックスするだけでなく第六感も開くようになるかも?笑。

そして意識しなくても、気持ちのいい景色や自然を眺めているときって、眉間もすっと緩んでリラックスしています。

こういう時に、思いついたり、閃きがあったり、何か感じることがあるのはそういうこともあるのかもしれませんね。