ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

心身も部屋も、心地いいスペースを保つ練習。

ヨガはアーサナの練習をしている時も、ただポーズをとっているだけではなくて自分の体の感覚、今そのときの感情、考えていること(思考)を観察していきます。

「あー、ここが伸びて気持ちいい」と身体の感覚を味わっていたかと思えば「今日のお昼何食べよ」と全く関係のない思考が浮かぶことも。

ヨガ 習慣

淡々と観察を続け、自分自身とその感覚や感情、思考から一定のスペースを作る練習でもあり、

それがヨガとストレッチの似て非なるところでもあります。

自分の思考や感情と一定のスペース、距離感が保たれていると、どんな感情や思考も静かに軽やかに見守ることができるけど、

まるで重なり合って思考や感情が自分自身のようになってしまっていると、とてもしんどく重くなったりもする。

それに気づくたびに、スペースを作るようにすれば良いのですが。

さて。

そんな風に家の中のスペースももう少し広げていきたい、またモノを整理して手放したい。

心身も部屋も心地いいスペースが大事。

そんなふうに思う今日この頃です。