ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

笑うことは究極のリラックス。笑ってほしいなら先に笑えばいい。

以前「大笑いしている時に何が起こっているのか?」という話を書いたのですが、
最近、子がよく声を出して大笑いするのですが、それにつられて私も笑うことが増えた。

先日は、子と変顔の真似っこしたり、動物や赤ちゃんの爆笑動画などを見て大笑い。笑。

前の記事からの引用ですが、

大笑いしている時は、過去でもなく未来でもなく、今まさにここにいて、自分も世界も受け入れている。

そんな状態。

笑いという集中の中にいる、実はとても瞑想的なことなのかもしれません。

お腹を抱えて笑っている時、本当の自分に戻っているとても自然な時間

ああ、これ本当そうだな、と改めて自分で思いました。笑

子供と二人でキャッキャキャッキャ笑って過ごした時はとてもリラックスしていて、楽しいし、気持ちもスッキリしている。

それでも子は、またすぐ泣いたりするのですが、(最近は後追いが激しくて私の姿が見えないとギャン泣く)、一度笑ってリラックスした後だと、圧倒的にストレスが少ないんですね。

泣いてばかりの日もあったりで、そうなると私も笑う余裕もなくなるのですが、子に笑って欲しければ、自分先に笑って余裕がないとダメだなぁと。笑う余裕なかったら、好きなお笑い動画みたりして一旦リセットしてしまう方がいい。

笑ってほしい、泣き止んでほしい、ほしいほしい、で1歳に求めてばっかりだったな。と。

誰でも笑顔を求めてる。

仏教用語で「和顔愛語」という言葉があるけれど、誰でもその場で与えられるものをすでに持っているのに、こんなに求められているものなのに、使わなすぎでしたね。

まずは家の中から。