ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

育児に役立った温冷浴(冷水シャワー)の効果。

ここ最近ずっと続けているのがお風呂での冷水シャワー(温冷浴)。

ヨガを習い始めた最初の頃に「体を強くして冷えに強くなる」と教わったのが「温冷浴」だったのですが、やったりやらなかったりしながら、一周回って今また初心に帰ってやっています。

最初は湯上りに冷水シャワーをかぶるというだけだったのですが、この記事を読んで温冷浴9セットというのをやってみたら、効果がほんとに全然違って湯上りの肌がツルツルに。

しかも産前産後の肌荒れも次第に良くなってきたので、余裕がある時は湯舟、冷水シャワーを3〜5セットくらいで続けています。

その効果が思わぬところで育児にも役立ってきたのです。

温冷浴

湯冷めしない。

というのは、夫の帰りが遅い日は一人で子をお風呂に入れることになります。

すると、どうしてもお風呂から上がった時に子供のことを先にしてると、こちらは湯冷めしてしまうのですが、温冷浴をやってからは湯冷めしにくい。

長風呂をしなくても、後からじわじわーと温まってくる感じが心地よいです。

疲れた気持ちをリセット

冷水を浴びることで、気持ちがシャキーンとするので、育児で疲れてぼーっとしている日も一旦リセットできるという効果もあります。

お風呂から上がって、生まれ変わった感が味わえる。笑。

少し冷水がキツイ季節になってきましたが、私の肌に対するメリットもとても大きかったので、できる限りで続けていきたいと思います。

こちらもどうぞ:)