▼ヨガと暮らしのエッセイ

朝の情報番組の使い方。

夫が朝起きてから、仕事に出かけるまでの間、朝ごはんを食べながらテレビを見ている。

いわゆる朝の情報番組。

朝日

今朝もまた、なんでこんなひどいことが起こるんだろう、と思うような悲惨なニュースが流れていた。

戦争、政治家の不祥事、殺人事件、自然災害、芸能ニュース、人の不倫、子供や動物の虐待…毎日様々なニュースが流れる。

少し前まで私は、悲しくなったり、怒りがわきそうな情報を目にするのが嫌で、(下手すると情報に流されて不安になったりさえしていた)ニュースなどの情報を見ない、という選択をしていた頃があった。

ヨガの朝練に通っていた頃は時間的にも見れないのですが、嫌なものは見なければいい、と考えていたのです。

でも、今は。

私はおじさんのように「最低!」「なんやこいつ!」とテレビに向かって文句を言っている。隣にいる夫に向かって「ひどいと思わへん!?なぁ!?」と話しかけ、鬱陶しがられる。

ただ、今は。

その文句を言っている自分を少し客観的に見ることができるようになった。その感情の扱い方が少しわかるようになったから。

自分がこういうことに怒りや悲しみを感じたり、喜んだりするということを知り整理するツールとして、朝の情報番組を見ている。

世の中の情報を知るために、というよりかは、それを見て自分の中の反応を知るために。

特に私は「動物や子供の虐待」に対して、ものすごく怒りのセンサーを持っていることがわかった。

優雅な朝とは程遠く、少々ゲスいのですが、朝の情報番組も自分の考えの整理をするために見ています。

※ 悲惨な事件を楽しんでいる、という意味じゃないので、勘違いなさいませんように。

こちらもどうぞ:)