▼ヨガと暮らしのエッセイ

ヨガで痛みを消す方法。

今私は膝を痛めています。

あるポーズをしようとして、ひざ関節ばかりにフォーカスしていたことが一因であると思う。

一時は階段を降りたりするのも痛くて、ポーズもできないことが増えて気持ち的にも落ち込んでいたのですが。

ですが、その膝の痛みは私の根本的に整えていきたいところを教えてくれた。

障害を取り去る神、ガネーシャが教えてくれたのは…

ガネーシャ

それが股関節とお尻。

膝の痛みのないように、アーサナを取ろうと思ったら、股関節やお尻周りの筋肉の微妙な動きがとても重要になっていて、それを一つ一つ確認しながらやるのはまさにマインドフルネス。

今はそんな感じでゆっくりとアーサナを味わっています。

すると、膝の痛みはまだ残るものの、「立つ」「歩く」姿勢もまた変わってきていて、足の形も変わりそう!と嬉しいおまけまでついてきた。

それに伴って、恥骨や尾てい骨の向き、踝、かかとなど足全体を観察するにまで深まっていて面白い。しかもそのちょうどいい状態をキープするのに必要なのはやっぱりバンダだったり。

そうなると、私にとっては、「痛み」としての感覚はあるけど、「痛み」からくるマイナスな感情はもう消えている状態なのです。

そうやって体を整えるのが面白いし楽しい、と思うあたり変態なのだと思います。

 

ヨガコラム:)