▼ヨガと暮らしのエッセイ

あなたのために作られたモノたち。Appleから学ぶこと。

「おめでとうございます。このmacbookはあなたに出逢うために作られたのです。」

先日MacのUSキーボードについて書きましたが、もうひとつ、Appleから学ぶシンプルライフを。

シンプルでミニマムなMacのUSキーボード。

あなたのために生まれたモノたち。

はじめてMacを購入したとき、びっくりしました。家電にこんなメッセージが入っているのなんて見たことなかったから。ものを買って「おめでとうございます」なんて言われたこともなかったですし。

Appleのこういうところも好きです。

この言葉を眺めていたら思いました。

よくよくこの世界の仕組みを見てみると、本当にそうなんですよね。今、私の手元にある全ての物たちは、私のために作られ、私を幸せ(楽)にしようとしてやってきてくれた。

冒頭に書いたその一言もそれが表れている。

なのに、物に溢れてしまうと使い切れない、手に負えなくなってきて、「なんでこんな物が!」となってくる。次第に見向きもせずに忘れられた存在になってくる。

与えられていることが「当たり前」となってくる。

Appleの創始者であるスティーブジョブズは、禅やインドの哲学にも精通していたと言います。瞑想や祈りも日常的に行っていたそうです。

この一言って、そういうことが表れているなと感じました。

ジョブズのiPadにもダウンロードされていて、生涯の愛読書とされていたのが『あるヨギの自叙伝』

とてもとても分厚い濃厚な本です。私は一旦手放してしまいましたが…

こちらもどうぞ:)