ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

痛みという感覚とサイン。

私は痛さに弱い。

猫がどれだけ可愛くても、引っ掻かれたり噛まれたら痛い。お腹の痛みにも弱い。

だから、出産は正直怖くて仕方なかった部分もあります。


(私を引っ掻いて、その後しれっとしている猫)

先日は口の中に口内炎ができて、なんもまぁ痛い。

食べると痛い、笑うと痛い。何か考えごとをしていても、一気に痛さで現実に引き戻される。

そして、憂鬱になる。

そうなんですね。

痛いって感じるその瞬間は、めちゃくちゃ今のこの瞬間に戻されます。

私がいつも居たくてしかたなくて、なのに忘れてしまうその場所。

それを痛さは痛烈に思い出させてくれる。

多分、私が忘れすぎるから、時々こうやって痛みとしてやってくるのかも。

痛みもひとつの感覚でしかない。

そこに「痛いのは嫌だ」とくっつけちゃうから辛くもなるのだけど。

痛みを痛みとして味わう、なんて書くとなんともマゾっぽいですが、適切に処置はしつつ、そこに過剰反応しないよう。

そして、痛みとして「今」を思い出すのではなくて、いつもちゃんと感じていられるよう。

したいものです。