▼ヨガと暮らしのエッセイ

臭いゴミ箱に蓋をするのをやめた。

猫が我が家に来てから、少し前までリビングのゴミ箱に蓋をしていました。

なぜなら、うちの猫がゴミ箱をいたずらをする…

ゴミをあさるということはないのですが、ビニールが好きで引っ張り出してかじったりするんですね。

使っているゴミ箱の専用の蓋はなかったので、ホームセンターなどでちょうど良さそうな板を買ってきて蓋代わりにしていたくらいのものなのですが。

ところが、この夏、蓋を開けるとそれがプーンと臭うようになってしまった。

基本的に生ゴミは冷凍させていたので、ここに生ゴミは捨てないのですが、食べかすだったり、お菓子の袋だったり、フルーツの皮だったりはそのまま捨てることがあったので、どうやらそれが臭いだしたのかと…

まずはゴミ箱についた臭いを消す

臭いので余計にすぐ蓋をしようとするし、中に消臭剤などを入れたり、コーヒーかすを入れてみたりするもあまり効果がなく。

どうやらゴミ箱自体に臭いが染み込んでしまっているような気が…

ゴミ箱自体を水洗いできたらいいのですが、我が家のゴミ箱は木材。

仕方がないので、一旦ゴミ箱自体をアルコールで拭いて、外で日光消毒してみることに。

木材なので、直射日光を当てると割れる可能性もありそうだと、風に当てる程度に。これでだいぶゴミ箱自体の臭いは消えました。

蓋をするのをやめてみる

そして、最後の手段。蓋をするのをやめました。猫ももう1歳。そろそろこのいたずらにも飽きてるんじゃないか?というのを信じてみて。

ゴミ箱 蓋 やめる

結果。

臭いが消えた。猫もいたずらしなかった。よく考えれば、猫もまだ小さかったからこの細い枠の上に乗ってビニールを引っ張ることができたけど、今はもうやるには結構大変な大きさ。

なーんだ。最初からそうすればよかった。

臭いものには蓋を!って思いがちだけど、蓋をすれば湿気もこもって、菌も増殖する。余計に臭ってしまう。

風通しを良く、ですね。

こちらもどうぞ:)