瞑想で暮らしと心を整える

先延ばしにしてたものを片付けるとき。

あーいつかやらなきゃ、いつか向き合わなきゃ、そう思って、でもなかなか出来ないことが、多分いくつかある。

いつかやらなきゃと自分で思っているわけだから、それを先延ばしにしていると、いずれは強制的にやってくる。

その中のひとつがついに、やってきてしまいました。

親不知…

わたしの親不知はとてもややこしい生え方をしていて、埋まって横に生えていたりするんですね。とにかく抜くのが怖い。

でも体調が悪かったりすると、そこがじわじわーと痛むこともあったり。

歯もすごく磨きにくく、虫歯にもなりやすく…

そんなこんなでやっぱり虫歯になってしまいまして。

子育て中、歯医者の検診も後回しにしていたこともありますね。

虫歯になったので、仕方なく腹括って歯医者に行き、結局、年内に1本抜くことに。後のは来年中にということで。

そう決まると、今まで思ってた「怖い」という気持ちもなぜかスッキリ消えて、むしろ清々しい気持ち。(まだ虫歯治してないのに)

しかも冬至までに抜けることになったので、ちょっと嬉しくさえ思ってしまった。

親不知を通して見せてくれた、私の中にあった怖いという気持ち。

ひとつ年内に気づけて、向き合えて良かったなと。

大掃除の季節ですね。

先延ばしにしていることはありませんか?