ヨガとシンプルライフ:書籍版

富山でマインドフルネスができるカフェ【ろ・はす】

先日、「寝かしつけとマインドフルネス」にまつわる記事を書いたら、あるメールをいただきました。

富山の方から。

メールをくれた方のご主人様が浄土真宗本願寺派のお坊さんでマインドフルネスの教室を主催しておられるそうです。

私の友人も本願寺派の僧侶が多いのでとても親近感も湧きました。

富山 マインドフルネス

ブッダのマインドフルネスができる静かな場所

HPを見させてもらったらとても雰囲気が良くて、私も行ってみたいな〜と思った場所なので、ご紹介させてください。

ブッダ(お釈迦さま)の教え『気付き』の英訳が『マインドフルネス』です

その意味は心が今の瞬間に気付いている ということです

ブッダのマインドフルネスの実践を重ねると

自分の心(内面)に気付き始めます

馬や犬を調教するように

心を調教していき

過去や未来のとらわれから距離を置きます

心を正しく使うことで

ストレスが減少し

心がクリアになっていき

体が軽くなっていきます ( ろ・はすより)

「自分の考えや思いは自分のもの、だから使いこなせていて当たり前」なんて思いがちですが、案外感情に飲み込まれて感情の思うがままになっていたり。

こころを正しく使うこと、実はそれにはちょっとした練習も必要なんですね。

場所は、富山高岡の古城公園の近くらしいです。

カフェの時間や法話の時間もあるようで、とてもゆったりした時間が過ごせそうです。

瞑想は難しい、敷居が高い、と思っている方もこんな場所なら気軽に行ってみようかなと思うのではないでしょうか。

毎日少し目を瞑って呼吸をみる、じっと座る、そういう時間が実はとても豊かなことだと気付かされます。

富山の方、ぜひ:)

▼ ろ・はす

富山のはなしはこちらもどうぞ:)