▼ヨガと暮らしのエッセイ

ステンレスと無印と100均と、うちの湯たんぽ3つ。

うちは実家にいるときから、湯たんぽが家族分あった。
それを冬の夜になると、母がお湯を沸かして布団に入れてくれるという冬の習慣。

家族が寝静まった後、夜遊びして帰ってきても、布団の中には暖かい湯たんぽが入れてある。

なんとなく湯たんぽにはそういう母のやさしい思い出がある。

だから、というわけでもないけど、私は湯たんぽが大好きで、結婚して今は夫と猫の二人と一匹家族だけど、私も家族分の湯たんぽを用意してある。

100均 湯たんぽ 無印良品 

私と夫と猫の分。みんな違う種類なのだけど、それぞれにいいところがあって。笑

ステンレス・無印・100円均一、それぞれのいいところ。

ずっと好きで愛用していたのは、ファシーの柔らかい湯たんぽだったけど、昨年、見事に猫に噛まれて穴を開けられてしまった。

▼ FASHY|湯たんぽ 

というわけで、今は私はステンレスの湯たんぽ(2.2L)。夫は寝ているうちに暑がって蹴飛ばすこともあり、少し小さめの無印のもの(1.2L)。猫のはさらに小さいダイソーで買ったもの(420ml)。どれも噛みつかれる心配のない硬めのもの。

ダイソーと言っても、本体216円でカバーが108円だったので100円ではなかったけど。笑

ステンレスのものは、そのまま直火でストーブの上でも沸かせてとても便利なぶん、ちょっと大きくて重い。

▼ 直火対応のステンレス湯たんぽをストーブで沸かす。

だから、昼間にデスクワークの時などお腹の上に乗せたりするのは夫の無印湯たんぽを借りている。中サイズなので膝の上に乗せるのにもちょうどいい感じ。乗せ具合はファシーにはかなわないけれど…。

猫用のはさらに小さく、その分割と早く冷めるのでやけどの心配がない。これも猫にはちょうどいい感じ。

寝る前にそれぞれのベッドに仕込んでます。母から受け継いだ、冬のひとつの家仕事。

今年はまだ暖かくて実際フル稼働するのはもう少し後になりそうですが…。

こちらもどうぞ:)