▼ヨガと暮らしのエッセイ

洗剤・柔軟剤なしで洗濯する「マグちゃん」本当に効果あるの?【マグネシウム洗濯】

これからできるだけ刺激の少ない洗剤(石鹸)や柔軟剤を使っていきたい。

今妊娠していまして、これもつわりの一つなのかある日突然、洗剤や柔軟剤、洗濯終わりの洗濯機(排水ゴミ受け)の匂いが「気持ち悪い」と感じるようになってしまった…。

何か、刺激のないものを…と色々探していたところ、ここ最近いろんな方のブログで見かける「洗濯マグちゃん」「ベビーマグちゃん」がとても気になり始めました。

実は「洗剤や柔軟剤なしでキレイに洗濯できるとか、洗濯槽までキレイになるとかほんま〜?」と半信半疑だったのですが、気になるなら一度試してみようと「ベビーマグちゃん」を使ったマグネシウム洗濯を始めました。

マグちゃん マグネシウム洗濯

マグネシウムで洗濯する、マグちゃんとは?

マグちゃんの成分、原材料は「マグネシウム」だけです。それが袋に詰められているだけ。洗剤代わりに使えて約1年も使えるという代物。

そもそもマグネシウムって何?

金属として使われる他、食品添加物や肥料、医療品、次世代エネルギーとしても今研究されているものらしいけど、それがなぜ洗濯に使えるの?と言う疑問。

マグネシウムと水が混ざり合うと、ただの水道水が水素を含んだアルカリイオン水に変化します。そのアルカリイオン水で衣類に付着した油脂分を分解し、汚れを落とすことができるのです。しかも、臭い除去率は70%以上で、市販の洗剤をはるかに上回ります。さらには、使い続けていくうちに、洗濯槽や排水ホースまで丸ごときれいにしてくれる優れものなのです。(洗剤なしで洗濯する時代へ!町工場が発掘したマグネシウムのすごい力

ちょっとその辺の化学変化などは理解できなかったので、とりあえず使ってみることに。ダメなら「効果なし」と書くつもりで買ってみました。笑。そのくらい半信半疑から入った私。

詳しいことは宮本製作所公式ホームページに。

マグちゃんの選び方。

さて買ってみよう、と思ったところマグちゃんには3種類もあります。と3種類もあるのはなぜ?どれを選べばいいの?というのが次に沸いた疑問。どうやら、違いは中に入っているマグネシウムの量だけ。

なので、洗濯物の重さを把握してどのくらいのマグちゃんを使うのか選べばいいだけです。

例えば、ベビーマグちゃん(1個70g)なら

  • 1個 70gで 3kg以下の洗濯物
  • 2個で140g 6kg以下の洗濯物
  • 3個で210g 9kg以下の洗濯物

ランドリーマグちゃん(100g)1個なら5kgまでの洗濯物ということになります。

マグネシウムの量が少なめの洗濯マグちゃん洗剤半分と併用して使うのを推奨されています。もしくは自分の洗濯物の量に合わせて、足したりするのにもいいですね。

マグちゃんを効果的に正しく使うには、洗濯物の量を把握する。

レビューを見ていると、どうやらこのマグネシウムの量と洗濯物の量が合っていないとキレイに洗えなかったり、匂いが残ったりもするよう。洗濯物が多いのに、少ないマグちゃんだとあまり効果が感じられないこともあるみたい。

というわけで、我が家の1日の洗濯物を測ってみました。洗濯カゴを持って体重計に乗って。笑

大体2.5kg〜多い日で3.5kgぐらいの間。大体の洗濯物の目安がこちらのページでもわかります。

すると、マグちゃん1個で足りる日もあれば、足りない日もある。そう思い、私はひとまず「ベビーマグちゃん」1個と「洗濯マグちゃん」1個の合計120gのマグネシウムで様子見ることに。

マグちゃんの使い方

洗濯物の量にあったマグちゃんを選んだら、洗濯物と一緒にマグちゃんを放り込んで洗濯スタート。洗剤も柔軟剤も入れません。

この時点で洗剤などを入れる手間が省けてかなり楽(笑)

ここでちょっと注意事項を。

洗濯時間についてですが、「スピードモード」「時短コース」など洗濯時間が短い場合、本商品の効果が得られない可能性がございますので、通常コースや念入りコースなど洗濯時間(洗い)を約15分程度でのお洗濯を推奨致します。(マグちゃんご使用時の洗濯時間について

マグネシウムが水と混ざり合うことが大事みたいなので、うちは【洗濯15分、すすぎ1回、脱水3分】ではじめてみました。

脱水まで終えたマグちゃんは洗濯物と一緒に干してよく乾燥させておきます。

マグちゃん 洗濯

マグちゃんの効果

洗濯後、洗濯槽の匂いがしない

まず一番最初に感じた効果が、洗濯を終わった後の洗濯槽がサッパリしているというもの。石鹸を使っていた時は、ちょっとパッキンの部分にヌメッとした感じと石鹸の匂いが多少残っていたのですが、これがないだけで、私にとってはすごく嬉しい。

洗濯物の匂いチェックも無臭

タオル、パンツ、靴下など全部クンクンと匂いを嗅ぎました。笑。まず干す前の濡れた状態のもの、無臭です。むしろ石鹸洗濯よりもサッパリ感がある。

その後、天日干しで取り込んだ後の洗濯物の匂い。無臭。お日様で干した洗濯物の匂い、という感じでこれは石鹸洗濯時と変わらないので合格。柔軟剤をたっぷり使っていた人は物足りないかも。

汚れ落ちも合格ライン

これも石鹸洗濯時とさほど変わらないという印象。襟元や袖汚れ、シミなどがある場合は、最初にもみ洗いや漬けおきが必要ですが、これは洗剤を使うときもそうなので一緒。

洗濯物のフワフワ感は?

柔軟剤を使わないので、ホテルのタオルのようにふわふわ〜ということはありません。ですが、そもそも私がそんなに柔軟剤を使わない方だったので、これも石鹸の洗濯時と変わらない。普通に使える感じで合格ライン。これも柔軟剤を使っていた人は物足りないかも。

部屋干しも匂わない?

洗濯石鹸ではどうしても部屋干しで匂いが気になったため、少し柔軟剤を使用していました。今までと同じ状況で部屋干ししてみた結果、嫌な匂いがしません。タオルだけは今までは恐ろしくて部屋干しできず、乾燥機かけてましたが、タオルも合格。

アレルギー体質、赤ちゃんの肌着やオーガニックコットンにも安心

もともと私がアレルギー体質気味なので合成洗剤をあまり使いたくないというのもあって、「石鹸」を選択してきましたが、これだと「水だけ」で洗えるというのがさらに安心。敏感肌な方にも。

洗濯槽も排水溝もキレイになっていく?

「徐々に洗濯槽や排水ホースもキレイになる」とのことですが、これはまだ実験途中。使って間もないので、また半年後くらいに洗濯槽の掃除を一度やってみて確かめてみようかと思っています。

手間が減る

マグちゃんひとつの洗浄・消臭効果は約1年間(300回)だそう。1年間、洗剤と柔軟剤を買わなくていいというのはとても魅力的です。洗濯槽を洗う手間もなくなる。「買う」「洗剤などを投入口に入れる」という手間がなくなるのはとても楽。それを置いておく場所も空きます。

節約になる?

今まで使っていたミヨシの洗濯石鹸柔軟剤とを比べて計算してみると、多少の節約になるのかな?くらい。洗濯槽洗浄に使っていた酸素系漂白剤も使わなくていいとなると、それもプラスですね。ただそれよりも、洗剤を使わずに洗濯自体が気持ちのいいものになったことや、手間が省けることの方が私には大きな報酬。

マグちゃんは時々お手入れが必要?

と、いいことづくしのようなマグちゃんですが、時々お手入れが必要みたいです。「100回くらいの洗濯で臭いがするようになってきた」というレビューもありましたが、どうやらこれは、マグネシウムの酸化皮膜が原因のようです。

マグネシウムは酸化皮膜するとくすんで真っ黒になってしまい、効果がなくなってしまうそう。

これを防ぐには、洗濯物が臭ってきた?と感じたりした時などに、クエン酸水か酢水につけて酸化膜を落とすとまた元の効果に戻るとか。

マグちゃんはこんな方にオススメ

以上、私が使用してみたレビューを踏まえて、マグちゃんはこんな人にはオススメ!というのをあげておきます。

  • アトピー、アレルギー、敏感肌などで肌に優しい洗剤を使いたい方
  • 洗剤や柔軟剤を使わずに洗濯をしたい方
  • 洗濯機の掃除が面倒な方
  • 赤ちゃんがいる家庭の方
  • 環境に優しい洗剤を使いたい方
  • オーガニック製品の洋服を着ている方

逆に今までしっかりと合成洗剤、柔軟剤を使ってきて、「洗濯物はフワッフワの香り付きがいい」と思う方には向きません。少し柔軟剤を足して使えば、香りはつくようです。

赤ちゃんが産まれても安心して使える洗剤が欲しい

実はマグちゃん、気になってはいたものの半信半疑だったのと、洗濯物にうるさい夫が賛成するかな〜というのがあってなかなか取り入れていませんでした。

ところがある日、夫から「マグちゃんって知ってる?」という言葉が。笑。そんなこともあって、すんなりと取り入れることができたのですが、その夫からも匂いや洗い上がりのクレームは今のところ来ていません。

自分自身が洗濯時に気持ち悪くなったのもありますが、「赤ちゃんが生まれたあとも安心して使える洗剤や柔軟剤が欲しい」と思ったのもマグちゃんを使ってみようと思ったひとつのきっかけです。

洗濯が気持ち悪くなったのは、なんとなく赤ちゃんからのメッセージのような気も(笑)

というわけで、私としてはマグネシウム洗濯のサッパリ感と敏感肌でも使える安心感はとても嬉しいので、このまま洗剤・柔軟剤なしのマグちゃんでのお洗濯を続けてみたいと思います。

お風呂用のマグちゃんなるものもある。気になります。

▼ BATH MAG マグネシウムde水素浴(バスマグ)

こちらもどうぞ:)