▼ヨガと暮らしのエッセイ

【揚げないエビフライレシピメモ】揚げ焼きで手軽に、タルタルソースも簡単に。 

エビフライって美味しくて私も好きなのですが、何せ色々と工程が多くて面倒くさい、そういうイメージ。

ですが、美味しいエビフライをお店で買おうと思うと、結構高い…。

そこで、いつもの「揚げ焼き」でなんとかなるんじゃないか発想で作ってみることにしました。

エビフライ 揚げ焼き

エビフライを揚げ焼きで作る

エビの下処理

これが面倒でなかなか手が出なかったのですね。

  • 殻むき
  • 片栗粉と塩で洗って汚れと臭みを取る(プリッと仕上がる)
  • 背ワタを取る
  • 尻尾のケンを包丁でしごく(水はね予防)

エビフライの作り方

  1. 下処理を終えたエビの水気を切る
  2. まっすぐになるように腹側に切り込みを入れる
  3. エビに塩コショウを降る
  4. 衣(卵・小麦粉・牛乳)をボウルで混ぜておき、それにエビにつける
  5. パン粉をつける
  6. フライパンに1〜1.5センチほどの油を入れて170度くらいまで温める
  7. こんがり焼き色がついたらひっくり返す
  8. 両面美味しそうな焼き色がついたら取り出して油を切る
  9. 出来上がり

お腹の切り込みが足りなかったのか、あげたら丸まってしまいました。もっと筋をしっかり切ればいいみたい。ですが、丸いエビフライも好きです。

衣も、以前作った豚コマカツのようにマヨネーズと小麦粉でもなんとかなりそう。

参考にしたのはこのあたり。

油も1センチほどなので、ほとんど残らないのですが、わずかに残ったものは、新聞紙に吸わせて捨てるだけです。

タルタルソース作り

これらを適量混ぜます。

  • ゆで卵1個(これは常備菜の煮卵を使った)
  • 玉ねぎ:小さめで4分の1玉。水にさらして絞っておく
  • マヨネーズ 大さじ2
  • お酢 小さじ2分の1
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩コショウ 少々
  • パセリ

色々とレシピを参考にさせてもらって、分量は適当に。ピクルスはなかったのでピクルスなしで作りました。

お好みでからしなどを入れても美味しそう。

タルタルソースも、めんどくさそうと思っていましたが、うちには「味付きゆで卵」という作り置きがあるので、意外に簡単にできました。

▼ 【常備菜】我が家の煮卵・味玉レシピ。

エビフライは揚げ焼きでも美味しい。

結果、エビフライは揚げ焼きでも美味しくできました!エビが特売の日にまたやろうと思います。

できたてを食べたくて、すぐに食べてしまったので、うっかり写真が残らず。上の写真は次の日に残り物のお昼ご飯。なのでタルタルソースももうなくて…

うまくいったものをブログで残しておくことで、自分の料理メモになって便利です。また作りたくなったら、自分のブログを検索するというやり方です。笑

うちの揚げ焼きシリーズメモ。