ヨガと暮らしのエッセイブログ

真夏の炎天下、リネンの長袖が肌を守る。

夏はキャミソールやノースリーブ、半袖のシャツ。

少し前はそれが夏の当たり前だったのですが、数年前からはリネンの7分袖を初夏の頃から秋の初めくらいまで使っています。

▼ シンプルなボートネックリネンの白シャツ。

ここ連日の38度という炎天下に気づいたこと。それはノースリーブや半袖よりもリネンの長袖の方が涼しいということ。

リネン 長袖 夏

この日差しに皮膚を晒している方が暑い。むしろリネンの長袖を着ている方が肌も守られて涼しい。

日が当たっているところは、痛いのです。

ノースリーブで外に出れば、日焼けというよりむしろ火傷してしまうんじゃないかと思うほど。

かと思えば、室内に入れば冷房で袖なしだと寒くなってくる。

そんなどちらにも対応してくれるのがリネンの長袖。

外を歩くときは袖を下ろしてしまえば、日焼けカバーもいらない。薄手のリネンなら袖をまくれば普通に半袖としても使える。

汗を吸っても乾くのも早い。

ほんとこのリネンの長袖最高。

改めて買って良かったアイテムです。

薄くて軽くて着心地もいいし、形がシンプルな分、ボトムスも悩まず合わせられる。

最近合わせるのは、こればかりだけど。

▼ 無印良品のリネンのパンツがいろいろ優しい。

骨格診断が「ナチュラル」なのでリネンが相性いいのはとても嬉しい。

こちらも夏はリネン。