▼ヨガと暮らしのエッセイ

【黒部渓谷】祖母谷温泉・祖母谷地獄ー自然が作る温冷浴。

先日、黒部渓谷へ行ってきました。

渓谷と言うからには涼しいのでは?と密かな期待をしてみたけど、その日は全国的な記録的猛暑日。

黒部渓谷も32〜3度あって普通に暑い。

宇奈月温泉で有名な宇奈月駅から、トロッコ列車で80分。終点の欅平まで行きます。

黒部渓谷 トロッコ

欅平・祖母谷トレッキング

そこから山の木陰を涼しげにトレッキング♫を想像していたけど、欅平から目指すは祖母谷地獄までの片道60分はまさに修行。

ただ、途中にまだ雪が残っている部分があり、そこを通ってくる風はまるでクーラーのように涼しく、疲れた体が一旦リセットされます。

黒部 欅平 トレッキング

そこからさらに歩き、長い長いトンネルを抜けると、もうすぐ目的地。

野湯・祖母谷温泉・祖母谷地獄

祖母谷地獄

ようやく着いた祖母谷地獄。ところどころ、川から湯気が出ている。祖母谷温泉と名剣温泉の源泉。

祖母谷地獄 温泉

湯だまりみたいなのがあったけど、この周りがもうサウナか!と思うほど暑くて、お湯は90度〜100度くらいあるそう。

この日は、数日前の雨の影響で川の流れが少々荒く、体まで入れる温泉は危険そうで作ることは諦めたのですが、穏やかな時はそういうことも出来るそうです。(通りすがりのナチュラリストさんに教えてもらった)

ただポツポツではあるものの、ここを目指して人も来るのですっぽんぽんになるには注意が必要。

なので、少し掘って足湯を。川の水と足してちょうど良い温度を作ります。

祖母谷温泉 祖母谷地獄

涼しそうな写真に見えますが、うっかり踵で掘ると熱々のお湯が沸いてきます。それがかなり熱い。

熱くなってきたらまた川の冷たい水にドブンとつければ、まさに自然の温冷浴。

身体全部を浸からなくても、足だけでも、これ本当に疲れた体が癒されました。

これがなかったら、ちょっと熱中症になってたかもしれないというぐらいに疲労してしまっていて。(まさかこんなに暑いとは想像してなくて、水やお菓子類も少ししか用意していなかった)

温冷浴のおかげで、熱さと汗でヘトヘトになった身体がどんどん回復していくのを感じます。

お陰で帰りはすいすいと楽々。帰りに途中の名剣温泉の宿でお蕎麦を頂き一休み。

自然の「足湯」と「温冷浴」の効果を直に感じた経験でした。

足湯や温冷浴にまつわる記事はこちら。

そしてここは野湯だけでなく、山小屋の施設になっている「祖母谷温泉」という露天風呂もあります。

当初はここでひとっ風呂浴びて帰るつもりでしたが、どうせまた汗だくになるだろう、と宇奈月まで下山してから、車で少し行った日帰り温泉施設の「とちの湯」へ。

ここは露天風呂からの景色が絶景で、さっき乗っていたトロッコが眺めます。

今回のトレッキング、本当に暑くて片道60分のトレッキングといえどもかなり体力を奪われました。もう少し下調べをしておく必要があったと反省。

ただ、本当にあの温冷浴は、また味わいたいと思うほど最高でした。

富山にまつわる記事はこちらもどうぞ:)