ヨガと暮らしのエッセイブログ

【読書メモ】猫にかまけて-町田康

猫といっしょに暮らしだして、猫にまつわるものは増えてしまったのですが、もうひとつ増えたものがある。

それは、猫にまつわる本を読むこと。

猫と暮らす日常を書いたエッセイが特に好きで、ついつい本屋さんで「猫」のイラストとか写真とか文字とかみると手にとってしまう。

ちょうど腰湯時の読書に、汗の加減と1話読み終えるのに、ちょうどいいのがこのくらいのエッセイ。

町田康のこちらのエッセイも面白かった。

猫にかまけて 町田康

タイトルがいいですよね。「猫にかまけて」

町田康の小説は「ゴランノスポン」などの短編集は面白く読めたけど、語り口調などに好き嫌いが分かれそうなところ。

その分エッセイは町田節が入っているとはいえ、小説よりは落ち着いて読める。

と、思っていたのだけど…

やっぱりの町田節、そしてこの方の猫に対する愛情も半端なく、泣いたり笑ったりと忙しいエッセイだった。

もちろん面白くて忙しいという意味で。

シリーズが「猫のあしあと」「猫とあほんだら」「猫のよびごえ」とたくさん出ているのでまた読みたい。シリーズ制覇していきたいと思います。

これだけ猫エッセイ書けるのだからもう、愛が溢れていますね。

記事のリクエストを頂いたこともあり、今年は【読書メモ】としてできるだけ読んだ本をブログに残してみたいと思います。といいつつ、私のことだから、書いたり書かなかったりだろうと思いますが…

猫本はこちらもどうぞ:)