▼ヨガと暮らしのエッセイ

厄除け祈願に一番効果がありそうなこと【立木観音】

昔よく、家族で上っていた立木観音へお参りするための階段約800段。

今年ふと思い出し、また上ってみたくなり夫といってきました。

お正月で食っちゃ寝食っちゃ寝してだらけた体には800段はなかなか堪える。

少し上っては息が切れ、休憩を挟み挟み、写真を撮ったりしながら、ゆっくりと登って、ようやく何かゴールらしき風景が見えるとほっとする。

立木観音

階段を登って厄除け祈願

上りきると、心臓はドクドクと頑張っていて、おかげで体もポカポカ。肺胞にも全身の細胞にも酸素が行き渡る感じがする。

そしてこのお寺、実は厄除け祈願で有名なお寺。祈祷やお札も効きそうだけど、一番効果がありそうなのはこの階段800段を上りきる、ということ。

上った後の体をよくよく観察すれば、それがよくわかる。山の酸素がしっかりと体に行き渡って、いらないものは吐息と汗で出していく。清められる感覚が確かにある。

立木観音

800段というのはしんどいようだけど、小さい子供からお年寄りまでちょっと頑張ってゆっくり上れば無理じゃない段数であるのも、観音様の優しさのような気も。

実際は小さな子供達のほうが、元気に階段を駆け上っているのだけど。

上りきったあとは、喉がカラカラ。自販機を期待していたのだけど、そんなものはなくって、お寺の方がお茶や昆布茶、柚子湯をふるまってくれる。これがもう最高に美味しく感じる。これも観音様の優しさか。

少し休憩をしてから、お参りを。スッキリした気持ちと体でまた階段を下りていきます。

今年も楽しく穏やかに過ごせますように。

こちらもどうぞ:)