▼ヨガと暮らしのエッセイ

【まな板の手入れ】アサヒクッキンカットの包丁傷をまな板削りでキレイに。

そういえば、すっかり忘れていたのですが、まな板を買った時に「まな板削り」なるものが付いていました。

買ったまな板はこちら。

▶︎ 【シンプルなキッチンツール】まな板アサヒクッキンカット

まな板って削るものなの?とその時はそれくらいの思いでそのまま片付けていたのですが、最近ちょっとまな板の包丁傷が気になってきて。年末だし掃除してみるかな?と。

それで思い出しました。これ。

まな板削り クッキンカット

まな板のお手入れ

まな板の手入れって、熱湯をかけて消毒くらいで、このアサヒクッキンカットは黒ずんできたりということがないので、漂白などもしていませんでした。

白いまな板の時は時々漂白もしていましたが、これは人参を切っても色移りしないので嬉しい。

そもそもゴム製なので、手入れも楽で清潔、包丁傷も付きにくい、という売りなのですよね。

なのでついつい忘れていたのですが…

HPをみると「年に1〜2度包丁あとを削り取ってください」と。なるほど。

まな板削り 合成まな板

ちなみにこんなケースに入っていたので、説明書きという説明も特にいらず、「水に濡らしてこするだけ」。

やってみました。水に濡らしてこするだけ。

アサヒクッキンカット まな板削り

包丁傷を消していくような感じでこすります。しばらくごしごし。裏面もごしごし。最後に洗って乾かしておくと…。
つるーん!

アサヒクッキンカット 手入れ

細かい包丁あとなので写真じゃわかりにくいのですが、つるーんとキレイな状態になりました。

その日の夜、料理に使いましたが、またさらに切れ味よく使いやすくなりました。ついでに包丁も研いだのでなお良しですね。

使っている包丁と包丁研ぎはこちら。

▶︎ グローバルとヘンケルスのシンプルな包丁2本

真っ白のまな板は黒ずみがとても気になり、憧れの木のまな板は手入れが私には行き届かず使いこなせそうにない。そんな私にぴったりのまな板です

大掃除とは言えぬ、小掃除ですが… 小さなものでもキレイになると気分もスッキリとして嬉しいものです。