ヨガで体と心、暮らしをととのえる。

部屋に余白ができたら、次は身体や心にもスペースを作ってみる。

先日、散歩をしている時にふと「あ、股関節の間にスペースがある」と感じることがありました。

そのスペースに気づいて、その日はとても歩きやすかったのです。とても長く気持ち良く歩いていられました。

体の中のスペースを広げる

肩や首が凝ってる時って、肩と耳がものすごく近づいていて狭くなっていたりしますね。そのあたりにスペース、余裕を作るには、少し肩を下げてみる。

どうも呼吸が浅い、苦しいなと感じる時は肩が内側に入って、胸が閉じ猫背になっていたり。そこに空気を気持ち良く入れるにはどうしたらいいかな?と想像しながら、少しずつ胸に余白を作っていきます。

自分で体の中のスペースを意識して作ろうと思うと、背筋を伸ばしてみたり、呼吸を深めてみたり、ストレッチしてみたり。

大きくたくさん動かなくても、小さな動きだけでも少し余白ができてくる。余白ができると体が軽く感じたりもする。

ミニマリスト、シンプルライフを送る方のお部屋はとてもすっきりしていてスペースがある。スペースがあると風通しが良くって、掃除も楽。

いろいろとメリットを感じている方も多いはず。

お部屋が片付いたら、次は自分の体や心の中のスペースを感じてみませんか。

新鮮な空気がたくさん行き渡るように。

心にスペースを作るには瞑想も役立ってくれますよ。

ゆっくりと深呼吸することも、自分の中の空間、余白を広げてくれます。

(2016年10月の記事をリライトしました)