▼ヨガと暮らしのエッセイ

【万能美容アイテム】私のワセリンの使い方7選。

以前の取材でも、私の万能美容アイテムとして取り上げていただいたワセリン。

ボトル型からチューブ型へ。

今までは、ボトル型のものを、小分けにして使っていました。

スプーンですくっていたので、直接手で触れることはなかったのですが、口も大きく、小さなゴミが入ってしまうこともありました。なんとなくチューブ型の方が清潔なような気がして、ボトルのものを使い切って、こちらのチューブタイプに買い替えました。

チューブタイプの方が、小分けにする際も押し出すだけなので、便利ですね。スプーンですくっていた時は、そのスプーンを洗ったりなども少し手間だったので、大分楽になりました。

もう少し純度のいいものだと、こちらもチューブ型なのですが、近くのドラッグストアでは扱っていないんですね。

私のワセリンの使い道

ひとつで万能なワセリン。実際に私が使っている、使い道についてあげてみますね。

1・化粧水・乳液・美容液代わり

一切の基礎化粧品をやめ、ワセリンひとつに変えました。これは肌断食を行ったこと、宇津木式というスキンケアの本を読んだことで始めました。

今は、宇津木式のいいとこ取りをした感じですが、おかげで、基礎化粧品はすべて必要なくなりました。塗り方は本当にごくごく少量を十分に伸ばしてから肌の上にトントンと置く感じです。塗りすぎは厳禁。

2・リップ代わり

唇の感想を防ぐためのリップもこちらで代用しています。かすかなツヤもでるので、透明なグロスのように使うこともできますね。

3・ハンドクリーム代わり

同じく、保湿効果を利用してハンドクリーム代わりにも。少量をしっかり伸ばして塗り込みます。でないと、ベトベトになってしまう。

4・かかとのケア

がさがさかかとにも、ワセリンが効きます。よーく塗り込んで寝ると翌朝には潤っています。

5・靴擦れ予防

新しい靴を履くときに、かかとの靴が擦れる部分に塗っておくと、潤滑油の効果で靴擦れの予防になります。特に新しいバレエシューズやスニーカーなどを履くときは必ず塗っておきます。

6・ヘアワックス代わり

普段はヘアワックスは使いませんが、髪を結んだりした時に少し整えるために、ワセリンをごくごくわずか、ワックスのようにして使います。多すぎるとてかってしまうので注意。アップスタイルにするときに最初に少しなじませておくとやりやすいです。

7・花粉症対策

花粉の時期に、鼻の穴の周りに塗っておきます。すると、鼻を擤んだときにカピカピになるのを防げますし、鼻の奥に花粉が侵入するのも防げます。

・・・

今のところ、このような感じで使っていますが、本当私にとっては、化粧水や美容液を買わなくて良くなったということが一番大きな効果のような気がします。

旅行や温泉に行くときにも身軽に小分けしたワセリン一つあれば大丈夫。ただ、肌断食や宇津木式については、合わない人もいると思うので、ぜひ一度よく本を読んで試していただければと思います。

肌荒れで顔が本当にひどい状態になったときに、たまたま図書館にあった本。藁にもすがる思いで読んで実験してみたのが、私には結果的に良かったのです。

▼ 「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法

以上、私のワセリンの使い方でした。

追記:今使っているワセリンは、「サンホワイトシルキーY-1」。さらに高品質で伸びがよくて使いやすいこちらです。

こちらの記事もどうぞ:)

▼ べたつかないサラッと伸びる優秀ワセリン【サンホワイトシルキーY-1】