ヨガと暮らしのエッセイブログ

【能作】風鈴で夏を涼しく過ごす工夫。清涼だけでなく、リラックス効果も。

これを書いている今も「チリン」と後ろから涼しげな音がしています。風鈴の音。その後ろからはセミの鳴き声。夏ですね。

リビングでは、昼間できるだけエアコンを使わないようにしているので、いろいろと暑さ対策をしています。

▼【夏の暑さ対策】アイスノン首元用と手ぬぐいでエアコンなしでも快適に。

そして風鈴もその一つ。

能作の真鍮風鈴

つるんとした無駄のないシンプルな形の風鈴で、見た目もとても美しいです。富山の「能作」というメーカーのもの。富山の伝統工芸品で、お香立てやテーブルウェアも作っているそう。

この風鈴はお義母さんから頂きました。形だけでなく、音色もチリーンと透き通るような涼しげな音がとても気に入っています。ちなみに富山は主人の地元。

先日、玄関を整理したときに、ドアベル代わりに付けたと書いたのですが、夏場はもう少し頻繁に鳴ってほしいのと、やっぱり自然の風を感じたいなーと思い、場所を変えました。

▼ 玄関をすっきり片付けました。我が家の玄関風景。

同じ玄関ですが、小窓のほうに付け替えました。なるべく壁に傷を付けたくないので、穴を開けるときはニンジャピンを使用します。

傷がつきにくい画鋲です。

風鈴とティンシャ。リラックス効果も。

暑い夏でも風がある日とない日では、その暑さの感じ方が違います。その風に音がつくとさらに心地よく感じたりも。

そして、ヨガの時に使われるティンシャもそうなんですが、ゆったりとしたチリーンとという音はとても落ち着くリラックス効果があるように思います。

ティンシャは音で場所の気を整える(浄化する)とも言われているので、風鈴もそういう効果をちょっと期待。笑。風鈴も一つづつ音が違うので、気に入った音を見つけるという楽しみもありますね。

風鈴といえば、奈良のおふさ観音の「風鈴祭り」がちょっと気になります。
暑い夏に、風鈴。おすすめです。

【追記】

近隣の風鈴の音がうるさくて苦手、との声をいただきました。

確かにつける場所に気をつけるのも大事です。うちもそれは色々考えました。台風の日などにベランダなどに出しっぱなしの風鈴は不快なもの。

自分が心地いいと感じてもずっと聞いていると不快に感じるかたもいるかもしれません。

うちは幸い、角地で隣家がないのと、家の中のそこまで風通りが激しくないところに吊るしています。なので近隣のお家にはほとんど聞こえないと思います。

今日も最後までありがとうございました:)