ヨガと暮らしのエッセイブログ

『ヲトメノイノリ』石田千:日常への目線が優しい短編集。

初めて読む作家さん。とてもリズムよく軽やかに読める短編集。

10人のヲトメたちそれぞれのイノリ。誰かの日記を少し隠れて読んでいるような、そんな気分にもなる。

ヲトメノイノリ 石田千

短編集だけど、ところどころで繋がりのある話もあって私はこういう流れの小説好きです。

さりげない日常の幸せの話が多いんだけど、それだけではなくて、女性同士のパートナーの話もあるし、高校生で妊娠してしまう女の子の話もある。

設定だけで考えると「普通」じゃないようなところもあるけど、この物語の中ではすべて、「普通」のことであたたかい。

それがとても心地よくて、じわじわと幸福感を味わえる本でした。

こういうお話がかけるって羨ましい。もっとたくさん読んでいたかった。

しばらくこの作家さんの他の作品も読んでみようと思います。

その他、読んだ本:)