ヨガと暮らしのエッセイブログ

【2017年】著者が勝手に選ぶもう一度読んで欲しい記事10選。

今日は冬至ですね。これから寒さは本番なのだけど、今日から日が長くなっていくと思うとちょっと嬉しい。

さて今年もいよいよ10日を切りました。

2017年はこの時点で211本の記事を書くことができました。毎日更新を止めて、「ゆるく短く書き続けたい」というスタンスでやってきてます。こうゆう感じでブログを書き続けることが、今一番心地良くて楽しい。

自分でも今年1年書いた記事を振り返ってみたのですが、日記をやめた分、こんなことあったな、考えてたな、というのも振り返ることができて、やっぱり自分は自分のブログに一番助けられているようです。

振り返りついでに、「今年よく読まれた記事」をまとめてみようかと思ったのですが、それよりも、全く個人的になりますが「今年もう一度読んで欲しい記事」を10本ピックアップしてみました。

私なりにそれぞれ思い入れのある記事ですが、なぜ読んで欲しいのか、とか「思い入れ」とかは省きます。番号ついていますが、ランキングではありません、多分古い記事順です。ほんといつも適当でごめんなさい。

  1. SNSで繋がらないけどご縁でつながる友人たち
  2. おなかの鳴る音が愛おしい。
  3. 捨てられない人でも「ワンインワンアウト」で手放せるもの
  4. 【猫と暮らす】新しい家族、我が家に仔猫がやってきた。
  5. ヨガがエクササイズで終わらないひとつの理由。
  6. ヨガの恩恵は形を変えてもまわりまわる
  7. 今に暮らすこと。
  8. いつでもどこでも私をくつろがせるソファ。
  9. 形あるものがなくなるとき。
  10. 「来年の目標」をやめて「今の目標」を作る。

ここに選んだ10本は、おそらく自分の中でとても書くのが早かった記事でもあります。思いが湧いてから書くまでも早かったし、書き出してからもスラスラ〜っとかけた記事。

ただ残念ながら(?)「今年よく読まれた記事10選」には入っていませんでした…。

結果的に、私はこういう記事が自分で書いていて楽しいし、自分の記憶にも残っているんですけども。

よかったら、読んでみてもらえれば嬉しいし、何か伝わることがあればなお嬉しい。

来年もまた宜しくお願い致します。

って、まだ今年最後の記事になる予定ではありませんが… 笑。

今日はゆずのお風呂に入ってあったまってくださいね。

▼ 【冬至に柚子湯に入る理由】壮大なる融通、ゆずの話。