ヨガと暮らしのエッセイブログ

手作りアロマバスソルトと腰湯で自宅サウナ。

どうも、こんにちは。お風呂大好き人間です。

冬はお風呂に入る時間がもうほんと待ち遠しくて、朝からワクワクするくらいなのですが。笑。

この季節は入浴剤もまた楽しんでいます。

最近は「冬でも1日1回汗をかく習慣」でも書いたように腰湯にハマっていますが、ただでさえ汗だくになる腰湯、発汗作用のある入浴剤を使えば、ほんとにおうちでサウナ気分を味わえる。

(本当のサウナは苦手なのですが、汗をそのくらいかく、という意味で。笑。)

バスソルト

クナイプやエプソムソルト、無印のヒノキ風呂などを気に入ってその辺りをぐるぐると回っておりますが、今回はバスソルトを手作りしてみました。

手作りといって、手作りと言えないくらいのものですが…

岩塩のバスソルトを買って、エッセンシャルオイルを混ぜるだけ。

買ったのはこちらのローズソルト。

アロマバスソルトの作り方が書いた紙とエッセンシャルオイル(1ml)、スプーンもおまけで付いてきました。バスソルト1回分約30グラム(付録のスプーン3杯)にお好みのオイルを4〜5滴、と。

毎回作るのは面倒なのと、私はほのかに香るくらいで充分なので、そのまま届いた袋1kgにオイル1mlを入れてひたすらシェイクしました。かなりオイルが少なめなので、わずかにふわっと香るくらい。

お湯に入れた瞬間だけよく香ります。でも、前にアロマ風呂をやってみたとき、かなり香りがきつく感じてしまったので、これでOK。もしもう少し香りが欲しい日はその都度オイルを足せばいいかなと。

普段はこのオイルを使っています。

腰湯は湯量が少なめなので、スプーン1杯強を使いましたが、何も入れない時よりも明らかに汗の出る時間が早い。

あっという間に顔や胸、背中から汗がダラダラと。お湯も少しまろやかな感じがするので、気楽に温泉気分ですね。

クナイプよりもだいぶ価格もお手頃なので、この冬は簡単な手作りでこちらで楽しもうかと思います。

香りはやっぱりヒノキ風呂が好きで、ヒノキのオイルもちょっと試してみたくなっているこの頃です。

とにかく、今日のお風呂も楽しみ。

こちらもどうぞ:)