toggle
2017-10-18

形あるものがなくなるとき。

姿形のあるものはいずれ、その姿を変え、なくなる。「平家物語」冒頭部分が好きです。

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ

この文章前にも引用しているので、やっぱり好きですね。

▶︎ 【妙心寺・東林院】沙羅の花を愛でる会、無常の美学。

よく考えてみれば形のないものの方が、一瞬一瞬で移ろっているような気もしますが。

「お腹が減った」と思えば「あれやらなきゃ」と思う私の気持ちしかり。

▶︎ 今に暮らすこと。

 

先日、iPhoneをアップデートしました。

いつも使っていたアプリを起動させようとすると…

開かない。

おかしいな、と再インストールしようとすると既にApple Storeにもないとのこと。

今回のアップデートでいくつかのアプリがふるいにかけられてしまいました。

使っていた家計簿アプリも消されてしまいましたが、まぁ先月までのデータは手動でMacに移していたのでなんとかデータはあるものの。

また何か探さないといけない。

その中で、私が使っているbloggerのアプリもそのひとつ。

ブログはほぼパソコンから書きますが、これはもしかしたらいつかbloggerなくなってしまうかもしれない…と。

無料で使わせてもらっているから、文句は言えない。

さて、どうしよう。

これからのこのブログの行く末を少し考えています。

ただ春の夜の夢のごとし。

秋だけど。

Sponsored Link
Related post
Sponsored Link
タグ: