toggle
2017-10-03

コンプレックスをなくす小さな突破口。

はっと目があって、

お願いだから私に聞かないで…

と、祈れば祈るほどやってくる。

「Excuse me・・・」

オーマイガ。

京都にいると、よく道を尋ねられます。外国の方に。

その都度本当に申し訳なく、「アイムソーリー…」と答える。

私は、英語コンプレックスです。

もう英文が並んでいるだけで、それはただの風景にしか見えないし、英語で交わされる会話は雑音となる。

高校のときの英語の先生が怖かったこと、その時なんとか点数を取るだけの勉強の仕方しかしてこなかったこと。

大人になっても英語を使う機会から逃げてきたこと。

もう今世で英語はいいんです。と割り切ってまでいたのだけど。

最近始めた勉強に、少しだけ英語が絡んできた。英文を見た瞬間に私の気持ちは少し萎えそうにさえなってしまったのですが、その気持ちよりももっと学びたいというワクワクが勝ちました。

もしかすると、今している勉強がよりスムーズに、よりシンプルに理解できるようになるかもしれない。

そう思ったらそれだけで「英語が苦手」というコンプレックスが少し消えていて、すぐさま、英語を勉強したいという気持ちが湧いてきた。

少しの突破口が見えたことは、私にとってとても大きい。

とにかく恐怖をなくそう、とまずは簡単なリスニングからはじめてみています。中学生レベルの英語ですが、それすら全て聞き取れません。

いつもなら聞きとれなかった瞬間に諦めて、すぐに辞めてしまいます。

今回は、自分でもちょっと感覚が違っています。ノートとワイヤレスイヤホンを買って毎日15分程度がとりあえず1週間は続いている。

赤ちゃんが言葉を覚えるような気持ちで、これも毎日少しずつ続けてみたいと思います。

ヨガも英語もbaby stepで。

こちらもどうぞ:)

Sponsored Link
関連記事