toggle
2017-09-25

【足の心地良さ】コットンシルクのカラーソックス。

「足」は体の中では、末端にある小さな部分です。

ですが、ここの快適さは私にとって、体全体、いや体だけでなくて結果的に気持ちの余裕にもつながる大切なところ。

そう気付いてから、靴は快適なものを選ぶようになりました。

それからいろいろと快適さを求めて、今は靴下の素材にも少し気遣うように。

足が冷えるのも結構気になる方。

今年の春にシルクリネンの靴下を買ったので、なるべく初夏でも履くようにはしましたが、それでも真夏は素足がやっぱり気持ちよくて。素足バンザイになっていました。

大好きな素足の時期が終わり、そろそろしっかりと靴下を履く季節に。

だいたい冬場は3〜5枚をワンシーズンで履きつぶすので、毎年この時期になると、靴下を入れ替えます。

▶︎ 【秋のワードローブ】今年の靴下を選ぶ楽しみ

下着にしろ靴下のしろ、総入れ替えだと数が増えずに済みますね。


春夏に買ったシルクリネンが、蒸れずにとても気持ちよかったので、冬もこれを買い足すので良いかな?と思ったのですが、「コットンシルク」がちょっと気になり…。

シルクリネンの方はどうしても色が春夏っぽいなというのもあったので、色を取り入れる楽しみも靴下で。ということで、コットンシルクの靴下を。
▶︎ HFOOT WEAR シルク混見た目もちょっと秋冬っぽくて可愛い。
今月からすでに使っていて、ちょっと暑いなという日も履いたりしていたのですが、それでも蒸れずに快適。やっぱりシルクが混じると心地いいですね。この中だとDタイプがシルク混。他のミックスのものも可愛いくて暖かそうですが:)

赤青黒と3色揃えました。今年はこの3足とシルクリネンのもので。

総入れ替えなので、去年に使い古した靴下は…

真ん中で切ってクイックルワイパーにはさみ、掃除に使ってお役御免です。写真のは夫の靴下ですが、夫も靴下を入れ替えしてくれた様子。

クイックルワイパー 靴下

▶︎ 【買い替え】ユニクロ靴下から無印靴下へ。

未だにクイックルワイパーを何か生き物だと思って、掃除のたびに戦いを挑んでくる猫…。掃除しているのか散らかしているのか…。

「足の快適」にまつわる話

Sponsored Link
関連記事