toggle
2017-09-20

【猫と暮らすインテリア】スリム&シンプルなキャットタワー。

猫が幸せに眠る休日の昼下がり。

迷いに迷ったのですが、この寝顔を見ると、買ってよかったと思う。

キャットタワー シンプル

未だにずっと寝る時にふみふみチューチューするブランケットと。

▶︎ 【ブランケット・キャッツ】猫とお気に入り毛布

我が家の小さなスペースには邪魔になる、となんども考え直したキャットタワー。

ですが、あまりにエネルギーがありあまり、驚くほどに走り回る子猫。F1か、と思うほどにドリフト走行し、転倒し、また起き上がってフル回転。

さらに、どんどん上へ上へと行きたがり、キッチンの上、冷蔵庫の上もついに制覇。なのですが、冷蔵庫の上にいくためには、いったんコンロをつたって登っていく…。

コンロに火をかけている時や、まだコンロが熱々のときでも登ろうとしたので、ひどく叱ったのですが…。

しばらくたったらまた登る…。

キャットタワー シンプル スリム

そこで、上に登りたい欲がある子なのかも、とキャットタワーを検討したのです。冷蔵庫と同じ高さくらいあるので、十分上から見渡せるかと。これも個性なのでしょうね。実家の猫はあまり上にはいかない。(行けない)

できるだけ、スリムなものを選びましたが、やはり部屋は狭くなりました。

キャットタワー スリム シンプル

ただ、部屋のスペースは狭くなったけど、冷蔵庫の上に行きたがることも減ったのと、気に入ってくれた様子。この寝顔のおかけで、うん、まぁいいか、と。

できるだけ、スリムでシンプル、白っぽいものを選びました。レビューで匂いが気になる、とありましたが、うちに来たものは大丈夫。私も猫も気にならない。

そして心配していた壁や家具への爪とぎですが、その後もなく、賃貸なので一安心。

爪とぎは最初にたくさん用意しておいてよかったです。上のキャットタワーも一部が爪とぎになっているので、他においた爪とぎはいくつか減らしてもいいかな?と。

▶︎ 【猫と暮らすインテリア】用意した爪とぎと許したもの。

猫の家に私たちが間借りさせてもらっているようになりつつある我が家です…。冬のストーブが大いに心配…。

「猫」にまつわる記事


タグ: