toggle
2017-08-23

楽観的に諦めたころにうまくいくこともある。

少し前の夜のこと。自分のブログをふと開いたら…。

レイアウトが大幅に崩れている…。なぜ。

何も触ってないはずなのに、なんで?頭が真っ白になりました。

このブログはbloggerを使っているのですが、カスタマイズの情報が少なく、割と面倒なのです。使っている人も多くなく…。

そんな中、「自分のブログは自分が一番多く見ることになるだろうから、心地よくいれるデザインにしたい」と、できる範囲で自分の好みのところまで、ようやく持ってきたものだったのに。

(もう少しやりたいことがあるけれど、そこの領域までは私の力では今のところ無理)

ショック。

ブログ カスタマイズ


バックアップを取っていたはずと思い、それをアップデートしてみるも、かなり古いところまで戻ってしまいました。まちがって最新版のバックアップを消してしまっていたようです…

あぁ。もう終わりか。ブログ引っ越すか。また一からこれ作り上げる気力が今ない…と半ば投げやりになってしまったのですが…

夫が「そういう時は大概、前より良いものができる」と励ましてくれたこともあって、まあ、ダメだったらまた一からぼちぼちとやろう、と。

諦めてその日は寝ました。

そして次の日。

たいていのことは、寝れば気持ちが落ち着いているのが取り柄な私。少し気持ちも前向きに。

さて今日は工事の仕事だーなんて思って開いたところ、半分くらい直ってる。なぜ?

寝ている間にエンジニア小人が直してくれたのでしょうか。もしくはこのお方か?

さっぱり理由はわからないのですが、残りの崩れたところもなんとか近いところまで戻せたように思います。

そして小さいところながら、気になっていたところも調べて直し、いらないものは削除して。

ぐだぐだと落ち込まず、「なんとかなる(しよう)」と自然に思えた時は案外「なんとかなる」ことがあります。

もちろん「なんとかなる」だけで何もしないという話ではなく。

楽観的な諦めというか。私の場合はそういう時にちょっとうまくいくことが多いかもしれないな、そう思った出来事でした。

楽観的に諦めたときは多分、体も頭にもゆとりとリラックスができる。「なんとかしなきゃー!」と焦って力んでいる時にはできないことができる。

▶︎ 楽観主義者の信条ーシンプルに暮らすための考え方

「ブログが壊れた」これの良い方面をみると、ついでに色々と見直すきっかけになったので結果、よかったです。

ただ、バックアップはやっぱりちゃんと取っておこう。

こちらもどうぞ。

Sponsored Link
Related post
Sponsored Link