toggle
2017-04-05

欲しいものリストを無視して、久しぶりの衝動買い。

いつかあれが似合うような人になろう、そう思って長年「ほしい物リスト」に入れていたものがあります。

▶︎ 欲しいもの・やりたいことリストの活用と効果

当時の私にはとても高価なもので、いつかお金が貯まったら、とも考えていたもの。

先日、それを身につけている人に出会い、そんなことを思い出しました。
やっぱり素敵だなぁ、と思いながら、おそらく今の私は、当時よりもそれを買ういくつかの余裕はあります。「いつか」が、今でもいいような気もする。
でも、いつの間にかほしい物リストから、そのものは消えていて、あの時無理して買わなくて良かったなとも。

時間が自分の気持ちをゆっくりと消化してくれたもの。

そうかと思えば、先日は本当久々に「ひとめぼれ」して購入したものもあります。

「ほしい物リスト」にはもちろん入っていなかったし、こんな衝動買いはとても久々なのですが、触った感覚でまさに「ひとめぼれ」

ちょっとだけお店を離れて考えてみたものの、またすぐに戻ってしまいました。

リストにはなかったけれど、その素材を触ったときにこれを着たい、と思い出した。

ひとめぼれで衝動買いしたのだけれど、そのものは定番のものできっと長く使えるだろうもの。

欲しいものリストに随分と手伝ってもらってきたけれど、今回は久しぶりにの楽しい衝動買いなのでした。

こういう感覚もやっぱりいい。

Sponsored Link
関連記事