toggle
2017-03-13

コーヒーを控えてみての効果と久々のコーヒー欲。

コーヒーと甘いお菓子を少し控えている、と書きました。

▶︎ 【砂糖断ち】ゆるく砂糖とコーヒを控えている話。

ゆるくなので、普段の日常の中でとらないようにしている限りで、人と会う時や頂き物は美味しく頂いています。

土日はOKというルールだったのですが、人と会う時以外は摂らなくなっていたのと、外でも紅茶を選んだりしていて、コーヒーに関してはほぼ(この数週間ですが)口にしていませんでした。

そのおかげで、たまに食べるお菓子もとても美味しく感じたり、逆に甘すぎて食べられないものもあったりする。ちょっとで充分なものだったと思い出しています。

そして、コーヒーと言えば眠気覚まし。私はコーヒーを飲んでいたとしても夜の寝つきはだいたいいいのですが、飲んでいないこの数週間は10時頃になったらとても眠くなる。

そう言われてみれば、コーヒーをたくさん飲んでいた頃は眠くはないけどまあ12時だしな、という感じで寝ていたような気もします。

なので、ちょっとだけですが寝る時間が早くなりました。これもいい効果。

▶︎ cup/ittala

ただ、なんとなくその日は家にいて本を読んでいるときに、「コーヒーとおやつが食べたい」という欲がでてきました。「お茶で我慢してみようかな」と思ってみるも、やっぱりふつふつと「コーヒーとお菓子が食べたい」と。

だいぶ、その頭の欲とも話し合いできるようになっていたけれど、今日はどうしてもコーヒーなのだと。

コーヒーはあるけど、お菓子はない。

そこでその欲を満たすために、じっくりと丁寧にコーヒーを淹れてみることに。

タカヒロ コーヒードリップポット

いつもは結構適当なお湯の温度と量も、今日はしっかり計ってみて。

お湯は85〜90度くらいで、メジャースプーン1杯強(12gくらい)あたり150cc。私が使うマグに合わせての分量です。

蒸らしの30秒も、泡が立つのもただ無になる。

そうして淹れたコーヒー、私にとってはとても久々なもの。とっても美味しかった!「お菓子を食べたい」という代わりに、甜菜糖と牛乳も入れてカフェオレにしました。

コーヒーってこんなに美味しい飲み物だったっけ?と、多分飲みすぎて鈍感になっていた味覚も思い出したようです。

たった1杯のコーヒーですが、とても満足。お菓子の欲望はすっかりどこかへ行ってしまいました。

飲んだあとの、頭がスッキリする感じも前よりもはっきりと感じる。カフェインってすごいのですね。

そして、美味しいけど、コーヒーはやっぱり刺激的なものだと。時々のこの「美味しい、すっきり」を感じるために楽しみをなるべく取っておこうと思います。

お菓子やコーヒー、お酒は「ハレ」にほどほどを楽しむ。

普段の「ケ」はお白湯、お水を美味しく飲む。

メリハリがあると、楽しい「ハレ」がより楽しくもなる。

「コーヒー」にまつわる話

Sponsored Link
関連記事