toggle
2017-02-23

【フリースタイルな僧侶たち】私の好きなフリーペーパー3つ。

 

フリースタイルな僧侶たち

久々にしっかりと読み応えのあるフリーペーパーでした。

フリースタイルな僧侶たち

表紙のデザインも可愛い。スマホに夢中になっているお坊さんが、落し物をしていますが気付いていません。そこに一言。

「大切なものって、何?」と。

このフリーペーパーが出ているのは知っていましたが手に取るのははじめて。先日お坊さんとお話しする機会があってその時にいただいたもの。

お寺イベントの情報から、法話コラムや漫画など、「お坊さん」や「お寺」が敷居の高いものではなくって、とても身近に感じられる作りになっています。特集の「死の体験旅行」というワークショックもとても興味深く参加してみたい。

お寺でヨガなんかはよく聞くのですが、それ以外にも色々とイベントやワークショップされているんだなと知りました。行ってみたいものです。

ちょっといいなと思うイベントを見つけました。

先日のもやもやの記事にもつながりますが、ちょっと「もやもや」としたことをお坊さんとお茶しながら聞いてもらう、なんていうのもいいですね。

▶︎ (京都)アラサー僧侶とゆるーく話す会

 学生の頃にフリーペーパーの編集に携わっていたこともあって、私自身フリーペーパー好きなのですが、これもまた読みたいと思えた。

そんなフリーペーパーは他にもいくつかあって、ヨガのフリーペーパー「ヨガヨム」。以前ご紹介した「楽観主義者の信条」はこちらに掲載されていたものです。

▶︎ 楽観主義者の信条ーシンプルに暮らすための考え方

と、最後のもうひとつは私も少し関わらせてもらっている「ハレタル」。

▶︎ 【ハレタル】掲載のお知らせとプレ創刊号。

どれもパラパラ〜と眺めるだけでなくて、しっかり読んで楽しめるコンテンツがあります。

ウェブもいいけどやっぱり紙媒体も好きです。京都にフリーペーパー専門店があるらしくちょっと気になる。

「フリースタイルな僧侶たち」はこちらのサイトから、ダウンロードして読むこともできます。

▶︎ 虚空山 彼岸寺 -超宗派仏教徒によるインターネット寺院-

フリーペーパーまた作ってみたいなあなんて思いましたが、このブログが私にとってはフリーペーパーみたいなものでしたね。


タグ: