toggle
2017-02-27

春はなんにもない縁側で。

先日、とあるミニマリストの方のおうちに遊びにいってきました。それがこれ。

ではなく。

お寺です。とてもすっきりしていて清々しい。

ちょうど帰省中だったおふみさんとご主人、京都に越してこられた佐々木さん、おふみさんのお友達もいっしょに京の散歩に。

縁側にすわって庭をぼーっと眺めている時間が、とても豊かに感じた。この日いたみんながとてもスローな空気の人たちばかりだったので、縁側だけで何時間もいてしまいそう。ちょうど陽も当たっていて暖かく。

ぼーっとしながらも、無になることはなく、こういう部屋が欲しいなとの欲望もふつふつと湧いてきましたが。

京都はそう思えば、こういうところにすぐ行ける。縁側でぼーっとするのがとても気持ちいい季節がもうすぐやってくる。

禅寺は石庭があるのでさらにいいですね。

春は縁側。たくさん縁側でぼーっとする春にしたいと思うのでした。

そしてぼーっとしていると、自然と体ものびのびストレッチなんかもしたくなってくるので、きっと縁側とヨガって相性いいんだろうなって思います。

「お寺」にまつわる記事